コンテンツメニュー



需要が多い企業の「業務改善」。コンサルの求人を手にする方法とは

初めての方へページはコチラ募集中のコンサル案件ページはコチラ

これからコンサルタントとして働きたいと思っているのであれば、どのように求人情報を探せばよいのかを知ることは重要です。効率よくコンサルの求人情報を探すことができれば、より待遇の良い条件の仕事を見つけ出すことも可能になります。コンサルは企業の業務改善や業務改革に必要な存在であるため、高待遇も期待できます。そのためどのくらいの年収や月給が相場になるのかを知っておかないと、業務に見合った収入を得ることができない可能性もあります。

ITコンサル、戦略系コンサル、シンクタンク系コンサルなど、コンサルの種類はさまざまですし、クライアントも多岐に及びます。それぞれのコンサル業務に見合った待遇があるため、求人情報を見る時には年収面を含めた細かな待遇に注目しましょう。それではコンサル案件の求人の探し方や、どんな待遇を受けることができるのかについて考えていきましょう。

 

 

目次

■業務改善を行なうコンサルの待遇
(1)コンサルの年収や月給はどのくらい?
(2)コンサルの福利厚生
(3)コンサルは高度プロフェッショナル制度の対象

 

■コンサルの求人情報の見つけ方
(1)インターネットの求人サイト
(2)人脈の活用
(3)新規営業で新しいつながりを開拓

 

■求人情報を載せる企業がコンサルに求める仕事とは?
(1)現状分析と問題点の指摘
(2)業務改善のプランニング
(3)業務改革後の評価

 

■コンサルの需要、求人数は増加
(1)コンサルの需要は増加
(2)フリーランスのコンサルも人気

 

■まとめ

 

 

業務改善を行なうコンサルの待遇

業務改善を行なうコンサルの待遇1

(1)コンサルの年収や月給はどのくらい?

コンサルとして働くことを考えているのであれば、年収や月給については必ず知っておく必要があるでしょう。特にITコンサルタントなどは年収や月給が高いというイメージがあるかもしれませんが、具体的にどのくらいの収入が得られるのかを知ってから求人情報を集めた方がより質が高く、キャリアプランに合った求人を見つけることが可能になります。コンサルの年収や月給は、経験年数や企業に所属しているかどうかによって大きく異なります。企業に所属してコンサル経験5年前後の場合、年収は600万円前後が平均のようです。手取りでの月給は50万円前後となるでしょう。もちろん、経験年数や企業の業績によっても変動があります。

外資系のコンサルティング会社のコンサル業務経験が豊富になれば、年収アップも期待でき、年収1,000万円というケースも珍しくありません。役職が付いてシニアマネージャーなどになると年収2,000万円のコンサルタントも存在します。実績によって年収や月給を上げていくことができるやりがいのある仕事ということができるでしょう。若い時からコンサルティング会社に所属していれば30歳を超えたあたりで年収が1,000万円に達する人が多いようです。

(2)コンサルの福利厚生

ITコンサルなどは年収や月給が高いと言われますが、収入以外にも求人情報を探す際に重視すべき点があります。それが福利厚生です。福利厚生の中には年収や月給に直接影響を与えるものもあれば、働きやすさに直結するものもあります。ですから、コンサルの求人情報を見る際にはどんな福利厚生を受けることができるのかについてもしっかり調べるのが賢明です。もしコンサルティング会社に勤務するのであれば、かなり手厚い福利厚生が期待できるでしょう。例えば各種社会保険完備、通勤手当や出張手当を受けられることがほとんどです。ITコンサルタントなどは遠方の企業に出張へ行くことも多いので、出張手当は年収や月給を引き上げる重要な要素となります。さらに年金、生命保険などの福利厚生を用意している企業もあります。

働きやすさを重視するコンサルティング会社では、社員同士の交流を目的としたクラブ活動があったり、レクリエーション施設を割引利用できたり、カウンセリングを無料で受けられるなどのメリットがあるところもあります。加えてITコンサルタントなど、スキルアップのための資格取得支援をしている企業もあり、かなり幅広い福利厚生が用意されていると考えられるでしょう。

(3)コンサルは高度プロフェッショナル制度の対象

コンサルタントを取り巻く環境は劇的に変化しています。というのは、働き方改革によってITコンサルなどを含むコンサルタントが高度プロフェッショナル制度の対象となったからです。

この高度プロフェッショナル制度は「脱時間給制度」とも呼ばれ、時間ではなく成果によって年収や月給が決まるというものです。個人のみをクライアントとするコンサルタントは除外されますが、企業の業務改革や調査、現状分析、戦略立案などを行なっている場合にはこの高度プロフェッショナル制度の対象となります。高度プロフェッショナル制度は成果を重視する働き方であるため、優秀な成績を上げるITコンサルタントなどはさらに年収や月給が上がる可能性がある一方、成果が上がるまで残業を続ける人が出るのではないかなどとも懸念されています。企業によって高度プロフェッショナル制度を導入するかが異なるため、ITコンサルなどの求人情報を探す際にはどの企業が高度プロフェッショナル制度を導入しているのか、自分にとって有利になるのかをしっかり確かめるようにしたいところです。

 

 

コンサルの求人情報の見つけ方

コンサルの求人情報の見つけ方2

(1)インターネットの求人サイト

数多くのコンサル求人情報の中から自分に合ったものを見つけなければなりません。もっとも効率よく求人を見つけられるのは、インターネットの求人サイトでしょう。インターネットの求人サイトであれば、いつでもどこでも自分の都合の良い時間に効率よく求人情報を探すことができます。現在インターネット上にはコンサルタントのような専門職のみを取り扱った求人サイトも多く運営されており、かなりの数の求人情報の中から条件を満たしたものを探すことが可能です。

求人サイトによってはフリーランスのコンサルタントを募集しているところもあります。企業で働く勤務形態ではなく、より自由なフリーランスという立場で働くことを希望するコンサルタントも少なくありません。例えば「病院で働きたい」、「1週間に3日だけコンサルタントとして働きたい」といったキャリアプランやライフステージに合わせた働き方を選ぶ人も増えています。さらに現状分析が得意、戦略立案がしたい、VBAが使える、業務改善の実行計画が可能といった得意分野で求人を絞り込むことも良いでしょう。

 

☆フリーランスのコンサルタントへのご紹介案件はこちら:https://freeconsultant.jp/project

(2)人脈の活用

転職希望者の中では「人脈」で再就職する人も多いようです。人脈も大切な転職のきっかけとなりうるのです。自分自身にコンサルの知り合いはいないかもしれませんが、コンサルティング会社につながりのある友人や知り合いがいる可能性はあります。さらに現在業務改革を必要としている企業に勤務している友人や親族から、案件を獲得する人もいるかもしれません。

コンサルとしての実績がまだ少ない人は、それまでに蓄積した信頼関係を武器に人脈を上手に使うのも一つの方法です。今やSNSなどを使って多くの人とつながることができる時代なので、インターネットで求人情報を探すかたわら人脈も広げておくと、意外な形でクライアントが見つかるかもしれません。

(3)新規営業で新しいつながりを開拓

特にフリーランスのコンサルに言えることですが、新規営業でクライアントを獲得するという方法もあります。かなりパワーが必要ですが、営業が得意な方は実際にクライアント獲得につながっているようです。コンサルティング業務といっても内容はさまざまなので、自分の得意分野をどのようにその企業に活かせるかを売り込むことが重要。企業の調査、戦略立案、現状分析、業務改革の実行計画、業務改善に伴う社員の教育など企業が求める業務の中で、自分の得意なものを新規営業でアピールするのです。

とはいえ、多くの企業は提携しているコンサルタントが既にいることも多いので効率よく案件を探すのはなかなか難しいことは否めません。ただし多くの企業へのサポート経験があるコンサルタントであれば、その知見を求めるクライアント企業を獲得することができるかもしれません。

 

 

求人情報を載せる企業がコンサルに求める仕事とは?

求人情報を載せる企業がコンサルに求める仕事とは?3

(1)現状分析と問題点の指摘

では、コンサルを必要とする企業が求めるスキルとはどのようなものがあるのでしょうか。

例えば、現状分析が行なえるコンサルを雇用したいと思っているクライアントは多いはず。フリーランスのコンサルの場合には、業務内容の調査、業務改善の戦略立案、実行計画の作成業務一つ一つの質が、自身の評価につながります。企業の現状分析はその企業が関係している業界の知識も求められますし、現在の業務の流れなども把握する必要があります。現状分析といっても幅広い知識が求められることでしょう。そして社員の中から選ばれたプロジェクト担当と協力しながら現状の問題点を浮き彫りにし、改革案を出し、どのように実行するかという戦略立案を行なうのです。コンサルによっては現状分析だけを担当する場合もありますし、問題点がすでに分かっている場合には業務改革の戦略立案、実行計画を立てるまでを請け負うケースもあります。

(2)業務改善のプランニング

ンサル業務の中で大きな部分を占めるのが業務改善業務改のプランニングでしょう。企業の調査や現状分析を行なったら、どのように業務を改善できるかといった戦略立案が必要になります。この部分では業務の省略や統合などを視野に入れながら、不要な業務がないか把握したうえで改革を実行します。

さらに業務改革の実行計画もコンサルの重要な仕事です。つまりある期限までにどの程度まで業務改革が進行していなければならないのかをしっかりとプランニングする必要があります。クライアント企業からは反発があるかもしれませんが、業績が良くなるという確信をもって業務改革の実行計画に沿った行動を促すようにしましょう。

(3)業務改革後の評価

クライアント企業がコンサルに求める業務は業務改革だけではありません。業務改革が1回の調査や現状分析、戦略立案、実行計画でうまくいくとは限らないからです。

コンサルは実行計画を忠実に実行した後、その評価を行ないます。業務改革はうまくいったのか、もしうまくいっていない部分があるのならばさらなる改善はできるのかを考え、再度PDCAサイクルを行なうのです。さらに戦略立案の段階で目標となる数値を決めておき、その達成率を出すことで業務改革がどのくらい進んでいるのか、成功と言えるのかを評価することもあるでしょう。現状分析から戦略立案、そして最後の業務改革の評価まですべてを行なえる総合系コンサルタントは求人も多く非常に高収入の仕事と言えます。

 

 

コンサルの需要、求人数は増加

コンサルの需要、求人数は増加4

(1)コンサルの需要は増加

企業の業績が思わしくないと、コンサルの需要は増加します。多くの企業で業務改革が必要であり、コンサルを雇って業務内容を調査し、改善したいと思うからです。特に近年求人情報が多く見られるのがIT関連の企業。ITコンサルタントの需要は急激に高まっている一方で、まだまだITコンサルタントの数は多くありません。今後コンサルとして働くことを考えているのであれば、ITコンサルになることを目標にしてみるのも良いでしょう。

(2)フリーランスのコンサルも人気

求人情報を探し、コンサルティング会社に勤務することも可能ですが、今はフリーランスのコンサルタントも人気となっています。経営者のパートナーとしてやりがいのある仕事を行なうこともでき、しかも自分の努力やスキル次第で年収も増えるため、ある程度コンサルとして経験を積んだ後に独立する人も少なくありません。自分が得意とする分野に特化して経験を積んだり本業を別に持ち、副業でコンサルタントとして働く人など、フリーランスという立場を有効活用し活躍するプロ人材が増えています。

 

 

 

プロジェクトごとに参画先が異なるコンサルタントの仕事は、経験を積むほど人脈が自然と広がります。また、各地で開催されているMeet upやセミナー、ビジネス交流会などへの参加も、コンサル案件を獲得する大きなチャンスになり得ます。

フリーランスのコンサルタント同士の繋がりで、「この案件は自分には専門外だが、あの人なら受けられるかもしれない」といった形で対応可能な人材を橋渡しすれば、クライアントにとっても同じコンサル仲間にとってもwin-winの状況を生み出すことができます。特にフリーランスの場合、そうして築いた信頼関係のシナプスは、今後の自身の活躍にも大いに役立ってくれるはずです。

案件紹介サービスなども上手に活用しながらプロジェクトに参画し、並行して交流会などでも人脈を広げ、案件獲得の間口を広げていきましょう。

 

(株式会社みらいワークス Freeconsultant.jp編集部)

 

 

「初めての方へ」頁遷移バナー

 

 

 

◇こちらの記事もオススメです◇

プロジェクト管理に悩むコンサルタント向け無料ガントチャートツール」

ハッカソンとアイデアソンの違いとは?定義やメリット・デメリットを解説」

ビジネスチャンスにつなげる名刺づくり」

 ———————————————————–

◆スタッフからメッセージ◆

MW11061:◆みらいワークス元請案件◆代表オススメ案件◆医学誌を読解出来る(日本語及び英語) コンサルを募集!

MW11059:◆みらいワークス元請案件◆当案件が求める素養を持つコンサルの方、ぜひご登録ください!

MW11043:プロジェクトのステアリングコミッティとの折衝経験があるコンサルタントを募集!ご応募ください。

 

※既にご紹介が終了している案件もございます。予めご了承ください。

☆他にも注目案件を掲載中!詳しくは下記をクリック☆

募集中のコンサルタント案件ページはコチラ


関連記事

募集中の案件


募集中のコンサル案件ページはコチラ
最新の記事一覧
ITコンサルへの転職!未経験でも成功させる秘訣とは
フリーランスが業務委託で働く時に気を付ける契約内容とは?
フリーランス必見!業務委託など契約形態の違いや独立時の注意点
なぜ今RPAが注目されるのか?業界別成功事例を踏まえて解説
RPAのコンサルになるには?働き方改革推進で需要急増中
カテゴリ別一覧
独立・起業のノウハウ・ドウハウ
お金のこと
ビジネススキル
最新IT情報
時代の先取り
健康のこと
月別過去記事一覧
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
 

お電話でのお問い合わせはこちら。 03-6408-5862 受付時間:10:00~19:00 土日祝定休 お電話でのお問い合わせはこちら。 03-6408-5862 受付時間:10:00~19:00 土日祝定休

はコチラ
最近見た案件

最近見た案件はコチラ

最近見た案件

案件一覧へ