コンテンツメニュー



RPA開発にコンサルタントが必要とされる真の理由とは?

初めての方へページはコチラ募集中のコンサル案件ページはコチラ

RPAを導入する企業が増加していますが、実は真の運用効果を発揮できていない事例が少なくありません。確かにソフトウェアロボットを開発することで単純な業務を自動化できれば、業務の部分的な効率化は実現できるでしょう。

 

しかし、業務を選別せずに闇雲にRPA開発に手をつけてしまうと、結果的には実務担当者を解放できないまま不完全な形で運用せざるを得ない状況を生み出します。事実、RPAを導入したが予想より効果が出ていないと感じている企業も相当数存在します。

 

原因は業務を選別せずに見切り発車をしたことに尽きるのですが、やはりそこに必要なのがコンサルタントの存在です。RPAでより早く確実に結果を出したいのであれば、コンサルタントが結果を出せる業務を洗い出し、最初にRPAを開発することが必須と言えます。

今回は、コンサルタントがRPAを早く開発し、かつ自動化による高い効果を発揮させられる事例について解説します。

 

 

目次

■選定基準の明確化と効果測定による優先順位の決定
(1)コンサルタントの最初の仕事は、早く開発できる業務を選別すること
(2)一般的な導入プロセスの事例

 

■RPA開発を効率的に進めるために必要な優先順位について
(1)ロボット処理による時間削減効果が高いものから実現させる
(2)導入目的から要件定義

 

■結果をスピーディに出せるrpa開発とコンサルの役割
(1)テクノロジーの取得から導入支援サービスまで一貫して対応できるコンサルが重宝される
(2)自動化よりも自働化を目指す

 

■効果的なrpa開発を実現するコンサルに求められるスキルとは
(1)プログラミングと業界知識、プログラム設計書が書けること
(2)rpa開発はスピードが命

 

■まとめ

 

 

選定基準の明確化と効果測定による優先順位の決定

選定基準の明確化と効果測定による優先順位の決定_1

(1)コンサルタントの最初の仕事は、早く開発できる業務を選別すること

RPA開発においてもっとも重要なのは、どの業務に対して開発をすべきかという業務の選別です。これこそがコンサルタントの一番重要なスタート業務であり、キーポイントと言えるでしょう。

往々にしてRPAの導入は導入自体が目的にすり替わってしまい、この重要ポイントが置き去りになりがちです。そうした場合の事例としては、開発段階での想定以上の時間浪費や、運用が始まってから効果を感じられないといった問題につながっています。

 

こうしたことが、経営者サイドがRPAの導入意義に疑問を抱いてしまう事例にもつながっているでしょう。ここにコンサルタントが介入すると、必要な情報や要件定義が整理され、ロボットをロボットとして効率的に自動化させることができるようになります。

 

コンサルタントの最初の仕事は、早く開発できる業務を選別することです。業務自動化による運用効果の高い業務から開発に着手するためには、開発におけるボトルネックを明確にする必要があります。その上で選定基準を決定することで、該当業務をふるいにかけることが可能になります。

また、予想される成果を数値化することで着手すべき業務の優先度を明確化し、効果測定による優先順位付けを可能とします。つまり、コンサルタントが現場に入り、現状から正しい選定基準と効果測定によるRPA対象業務を選別することが、その後の開発の大きな基盤となるのです。

(2)一般的な導入プロセスの事例

RPAの導入プロセス事例を整理すると、以下のようになります。

1.業務自動化の対象業務の選別

2.現場でのヒアリング情報から作業手順の明確化

3.作業手順に沿ったRPA開発

 

この流れを実践する上でボトルネックとなるのが業務のヒアリングです。

現場に入り作業手順を明らかにするプロセスは、コンサルタントにとって一番時間がかかるポイントと言えるでしょう。ヒアリングは時間がかかる上に、業務によっては分岐が多く、開発にも時間がかかってしまう事例が多くなっています。

 

また、実際に開発がスタートしても途中でRPAが対応できないシステムが発覚する事例などもあり、開発がとん挫する懸念もあります。ただ、業務の抽出や選定に時間をかけ過ぎては本末転倒ですので、抽出や選定のプロセスを体系化し、効率的な運用を実践する必要があります。

 

ボトルネックを選定基準とするなら、業務手順書やマニュアルの整備がされていること、単純業務、または業務標準化が完了していること、概念実証が済んでいることを基準とすれば良いでしょう。こうした選定基準から業務をふるいにかければ、スピーディなRPA開発を実践できるようになります。

もちろん選定基準を満たしていない業務については、担当部署で条件を満たす対応を並行することで随時進行させることが可能です。

 

 

RPA開発を効率的に進めるために必要な優先順位について

RPA開発を効率的に進めるために必要な優先順位について_2

(1)ロボット処理による時間削減効果が高いものから実現させる

RPAの導入効果を出すためには、業務自動化による効果の高いものから実現させる必要があります。

多くの企業ではこの要件定義について、単純に作業時間の長い業務を選べば良いと考えがちですが、実際には時間だけの問題ではないことを理解する必要があります。RPAに業務自動化によって作業時間の削減効果があるのは事実ですが、ポイントはあくまでもロボット処理による時間削減効果があるかどうかという点です。

 

また、ヒューマンエラーが無くなり業務品質が向上することも大きなアドバンテージとなりますので、そこも優先的に考慮すべき点でしょう。繫忙期のある業務であれば、ロボットによる自動化は担当部署の負荷を大きく軽減できるでしょう。

 

ロボットであることで情報セキュリティの向上も見込めるため、個人情報や企業機密の漏洩防止においても大きなメリットがあります。いずれにしてもこうしたメリットの中でどのポイントを最優先するか、ニーズの洗い出しが必要でしょう。

(2)導入目的から要件定義

RPAは便利なツールではありますが、まずは導入目的を振り返る必要があります。

例えば経理や財務など、決算作業の繁忙期に業務自動化を図ることで、担当部署の負荷を軽減させるという目的もあるでしょう。また、人為的なミスの解消が大きな課題となっているなら、自動化によるヒューマンエラーの軽減が優先順位の高い項目になります。

 

RPAというツールの導入目的と効果を的確に関連付け、選定基準を定めることもコンサルタントのスキルです。必要な情報を整理し、選定基準となる効果を定量化することで必要な要件定義を行ない、適切なツール開発を実行できるスキルが求められます。

 

例えば繁忙期の負荷軽減を達成目標とした場合、定量化した業務の数値に重みをつけて評価指標を作る手法があります。評価指標を実際の業務に当てはめることで、優先順位を見える化する手段は有効でしょう。ちなみに業務自動化による効果は、現状の作業時間の50%で計算するのが一般的です。

 

 

結果をスピーディに出せるRPA開発とコンサルの役割

結果をスピーディに出せるrpa開発とコンサルの役割_3

(1)テクノロジーの取得から導入支援サービスまで一貫して対応できるコンサルが重宝される

RPAは闇雲に開発に着手すると、膨大な時間ばかり浪費して結果が伴わないという最悪の状況を生み出します。コンサルタントの心得は、まずRPAの開発工数が少ない業務を抽出し、優先的に開発を行なうことで開発に許された時間を有効活用することです。

 

コンサルはITエンジニアとして高いスキルを持つ人も多いですが、コンサルが現場に則したプログラム設計書まで書くことができれば、よりスピーディな開発につながります。ユーザーからコンサルに、コンサルからITエンジニアに必要な情報を与えてシナリオロジックを設計するより、コンサルからプログラム設計書の形でITエンジニアに情報伝達できれば、スピードが増すでしょう。

 

しかし、テクノロジーの取得から実際の導入支援サービスまで一貫してできるコンサルとなるのは容易なことではありません。ただ、そうした人材がこれからの企業に必要なITソリューションのプロフェッショナルであることは間違いないことです。RPA開発を行なうコンサルに必要なことは、RPAのプログラミング知識ユーザー側の業務の知識、そしてヒアリングのスキルです。

 

クライアントサイドが望む結果を導き出すためには、十分なヒアリングを実施できるコミュニケーションスキルとロジカルシンキングスキルが必要不可欠と言えるでしょう。

(2)自動化よりも自働化を目指す

RPAの有用性は徐々に浸透しつつありますが、人手のかかる作業をロボットで部分的に自動化するだけのツールだと考える経営者もまだ少なくありません。こうした考えがベースにあると、導入した後もロボットには適さない処理だからと人の介入を残したまま中途半端な稼働になる懸念があります。

 

確かにRPAはいわゆるAIとは異なり、ロボットとはいえ単純な作業のみを自働化するツールであることは確かです。AIは自己で学習して成長しますが、RPAはあらかじめ人が指定した作業のみを自動的に行なうに過ぎません。

 

もちろんこれだけAIが進化しつつある時代においてはRPAの将来性も期待されていますが、現状、企業がどこを目指してRPAを導入すべきかは議論すべきでしょう。理想となるのは完全なる無人運転であり、単なる自「動」化ではなく自「働」化です。自働は単なる動きではなく、もう一歩先に進んだテクノロジーです。

 

例えば通常は指定した通りに動きますが、異常があったら停止してアラートを上げる仕組みも自働と言えます。ロボットは不眠不休で膨大な作業を正確にスピーディに処理することができるわけですから、自働化したい業務はすべてRPAに代行してもらい、作業自体には人が介入しない無人運転を目標にすべきでしょう。

そこに至る最短の道を探して提示できるのが、他の誰でもなくRPAコンサルタントと言えます。

 

 

効果的なRPA開発を実現するコンサルに求められるスキルとは

効果的なrpa開発を実現するコンサルに求められるスキルとは_4

(1)プログラミングと業界知識、プログラム設計書が書けること

RPA開発に必要な各知識やスキルを習得するためには、RPAのプログラミングのチュートリアル・トレーニングツールを活用するのがおすすめです。レッスンを受けることでベンダー資格を取得ができるものもありますが、自主学習は非常に重要です。

自分の手でプログラミングし、仮説を立てて検証し、あらゆる打ち手を考えることで実践的な知識が身に付くことになります。プログラミングは座学だけで身に付くものではないため、こうしたアプローチが大切でしょう。

 

また前述した通り、コンサルタントはクライアントの業務選定が重要な業務になります。要件定義のためには業務知識も必要とされるため、クライアントに合った業界の勉強も必要です。

コンサルタントの中にプログラミング知識と業界知識と両方があって初めて、RPA開発が効果的に行なえる業務評価が可能となります。クライアントから提供される既存業務フローの変更も提案しなければならない立場ですので、一朝一夕に習得できるスキルではありません。

 

また、最終的にプログラム設計書が書けることが大きなアドバンテージになります。ロボット知識に基づくフローが作成できれば、そのままITエンジニアがRPA開発できますので、即席で習得できるものではありませんが、コンサルタントとして市場価値の高い人材になれることは間違いないでしょう。

(2)RPA開発はスピードが命

ロボットファイルの開発は、通常のプログラム開発と大きな違いはありません。ただプログラミング言語のように0からコードを書いたり定義をしたりする必要はありません。オブジェクトの設定、選択、操作を記録することで、定義することが可能となっているのが一般的です。

 

今RPAが必要とされている理由は、従来の通り一辺倒のシステムでは多様化した業務には対応できなくなってきていることと、開発が時代のスピードに追い付かなくなって来ていることが挙げられます。

現場で臨機応変に使い勝手を変えられなければ、システムが完成するころにはすでに業務フローが変わっているということにもなりかねません。時代の急激なスピードに対応するためにRPAの運用が必要とされている以上、RPA開発自体に時間がかかっては本末転倒です。

 

企業にとってはすぐに導入して稼働できること、そしてすぐに成果が出ることが非常に重要なポイントと言えます。開発をスピーディに実行するためには、クライアントがどんなロボットを必要としているか要件定義し、システム開発会社に的確に伝わる必要があります。

また、具体的なロボットの設計や開発、運用テストなどもスピーディに行なわれる必要があるのは言うまでもありません。従来は完成までに数か月かかることも珍しくはなかった開発を、もっと早く簡単に実施するためにはキーマンが必要となります。

 

それこそがスキルを習得したITソリューションのプロフェッショナルであり、RPAコンサルタントと言えるでしょう。

 

 

 

 

効果的でスピーディなRPA開発を実行するためには、RPA導入におけるボトルネックと選定基準を明確にした上で、開発時間を短縮できる要件定義を行なう必要があります。優先順位を客観的に判断するための評価基準の策定や業務の定量化を実施し、RPAの開発時間を短縮できる業務を洗い出すプロセスの体系化が必須と言えるでしょう。

そのために必要とされるのが、企業と開発会社とを結び、有用な成果を得るために高いスキルを持つRPAコンサルタントです。幅広いプログラミング知識と業界知識とを求められますが、これからの企業に必要とされる市場価値の高い人材であることは間違いありません。

今RPAコンサルとして活躍するなら、プロフェッショナルな人材派遣事業へ人材登録をおすすめします。

 

☆RPAプロフェッショナルズ.jpサービス詳細はこちら:https://rpa-professionals.jp/

 

(株式会社みらいワークス Freeconsultant.jp編集部)

 

 

「初めての方へ」頁遷移バナー

 

募集中のコンサルタント案件ページはコチラ


関連記事

募集中の案件


募集中のコンサル案件ページはコチラ
最新の記事一覧
RPAソリューションと取り巻く環境。コンサルタントに求められることとは
RPA開発にコンサルタントが必要とされる真の理由とは?
SAPコンサルタントの将来性は?今後の仕事内容や年収など案件情報を考察
ITコンサルタントが転職に失敗しないために押さえておくべき事とは
ITコンサルへの転職!未経験でも成功させる秘訣とは
カテゴリ別一覧
独立・起業のノウハウ・ドウハウ
お金のこと
ビジネススキル
最新IT情報
時代の先取り
健康のこと
月別過去記事一覧
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
 

お電話でのお問い合わせはこちら。 03-6408-5862 受付時間:10:00~19:00 土日祝定休 お電話でのお問い合わせはこちら。 03-6408-5862 受付時間:10:00~19:00 土日祝定休

はコチラ
最近見た案件

最近見た案件はコチラ

最近見た案件

案件一覧へ