コンテンツメニュー



コンサルが業務改善を行なう手法とは

初めての方へページはコチラ募集中のコンサル案件ページはコチラ

企業はただ業務をこなしていればいいというわけではなく、業務改善を行なってより効率的に利益を上げられるように、さらにコスト削減が実現できるよう努力を払わなければなりません。しかし自社内に業務改善のノウハウを持っている社員がいない場合には外部のコンサルタントに委託するケースも多く見受けられます。さらには業務改善を独自に実行してみたものの、ほとんど効果が見られなかったのでコンサルに助けを求める企業もあります。コンサルとはそれほどまでに期待されて業務にあたることができるやりがいのある仕事と言えるでしょう。

 

しかしコンサルとして働くためには、どのような手法で業務改善を行なっていくべきか、どのようなフレームワークが必要かを熟知していなければなりません。さらには依頼を受けた企業の業界を熟知し、業界に合わせた業務改革を遂行していく必要もあります。場合によっては社内のすべての社員に協力してもらう全員参加型の業務改革の設計が必要かもしれません。では業務改善をコンサルに任せた場合のメリットやその手法をご覧ください。

 

目次

■業務改善をコンサルに任せるメリット
(1)客観的に問題点を把握できる
(2)社内に忖度せず改革が可能
(3)社内メンバーの教育になる

 

■コンサルはどんな手法で業務改善を行なうのか
(1)業務の「見える化」
(2)業務改善案の立案
(3)業務改善成否の評価

 

■業務改善のためのコンサルの種類と選び方
(1)コンサルにはいくつかの種類がある
(2)どんなコンサルを目指すべきか
(3)コンサルになるためにはセミナーも利用する

 

■業務改善は企業との協力が重要
(1)業務改善計画だけでは不十分
(2)企業との協力で最大限の効果を

 

■まとめ

 

 

業務改善をコンサルに任せるメリット

業務改善をコンサルに任せるメリット1

(1)客観的に問題点を把握できる

業務改善には多くの要素が関係していますが、外部のコンサルに業務改善の設計を任せるのにはいくつかのメリットがあります。その一つは「客観的に物事を見ることができる」という点でしょう。社員に業務改善の立案を求めることもできますが、どうしても社風やこれまでの習慣に縛られてしまい的確な問題提起、問題点の改善が行なえなくなってしまうことがあります。しかし外部のコンサルに任せれば、一切の先入観なく現状の問題点を把握し、改善策を提案することができるでしょう。優秀なコンサルは現状の問題点だけでなく、今後の課題なども浮き彫りにしてくれるので非常に頼りになる存在となります。

(2)社内に忖度せず改革が可能

続いて業務改善の設計をコンサルに任せる別のメリットがあります。それが「改革をスムーズに行える」ということです。コンサルは社内の問題を客観的に指摘するだけでなく、それを改善するための策を打ち出し実行することができます。しがらみもないので、思い切った改革が可能になります。

コンサルとして企業の問題点を指摘する場合には、改革の実行可能性などもしっかりと視野に入れてどのような改善が必要か情報を分析する必要があるでしょう。コンサルの仕事はPDCAサイクルを社内で軌道に乗せることです。つまりPlan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)のサイクルがしっかり回るよう企業を援助しなければなりません。ビジネスのフレームワークであるPDCAサイクルが正常に回されるようになれば、業務の効率化はさほど難しいものではないからです。

(3)社内メンバーの教育になる

外部からコンサルを招聘して業務改善を依頼すると、社内メンバーの教育になるという大きなメリットもあります。もちろんコンサルは社内メンバーを教育する必要はありませんが、社内メンバーにとってはコンサルがどのように改善点を浮き彫りにするのか、どんな業務改善案を提案し実行するのかをじかに見て習得するチャンスとなるのです。コンサルとして企業に入った時には、企業がある程度社内メンバーだけでビジネスのフレームワークであるPDCAサイクルが回せるようになることを目指して指導しながら仕事を行なうと、企業にとってのメリットも大きくなるでしょう。コンサルは企業の業績を伸ばす助けだけでなく、企業としての質を高める助けもできるやりがいのある仕事なのです。

 

 

コンサルが業務改善を行なう手法

コンサルはどんな手法で業務改善を行なうのか2

(1)業務の「見える化」

コンサルが企業から業務改善を依頼されてまず行なわなければならないこと、それは業務の可視化です。業務がどのように進められているのかを分析し、改善すべき点や問題点を把握します。ここで重要となる手法がECRSです。これは業務改善の4原則と呼ばれるもので、Eliminate(排除)、そしてCombine(結合・分離)、またRearrange(入替え・代替)、Simplify(簡素化)の頭文字をとったものです。業務改善においてECRSを行なうことにより過度・過小な業務改善を防ぐことができます。まずはECRSのe、つまり排除です。業務において不必要と思えるプロセスを排除します。

例えば無駄な報告、無駄な会議、業績が伸びない営業エリアなどを排除すれば業務は効率化されコスト削減にもつながります。続いてECRSのc、結合と分離です。類似した業務を結合し、業務内で分離できるものは分離します。ここでもコスト削減が可能です。各工程の業務の類似性が高まり効率よく働くことが可能になります。さらにECRSのr、入替えと代替です。作業工程を入替えたり他のものと代替したりすることで人員を削減することができる可能性があります。片付けや準備の時間が短縮されることもあるでしょう。最後にECRSのs、簡素化になります。これまで考えてきたECRSのe、c、rのそれぞれ最も効率の良い業務の仕方を設計し導入していきます。企業の多くはコスト削減に興味を持っていますから、どのプロセスでどうやったらコスト削減が可能かについてもよく設計することが重要です。

(2)業務改善案の立案

ECRSにおいてかなり改善ポイントが特定されることでしょう。そのうえでコンサルは業務改善案を設計しなければなりません。ここではPDCAと共に別の手法であるOODAが重要になってきます。OODAとはビジネスのフレームワークであるPDCAを補うことができる意思決定プロセスであり、臨機応変な業務改善、効果的なコスト削減に役立ちます。OODAはObserve(観察)Orient(方向づけ)Decide(決定)Act(実行)の頭文字をとったものです。PDCAというフレームワークはしっかりと計画を立ててから行動に移すことに主眼を置いていますが、OODAの場合は計画を立てはするものの、その後の状況に応じて臨機応変に対応することに努力を傾けます。

PDCAもOODAもどちらもコンサルにとっては重要な考え方、フレームワークの一つであり、業務改善案には必要なものです。業務の問題点を理解した後、PDCAによって業務改善案を立案することになるでしょう。しかしPDCAのP、つまり計画を立てる時にはOODAの観察や方向づけが必要になります。コンサルの中にはOODAがPDCAに取って代わるものという考え方をしている人もいますが、実際にはOODAはPDCAを補完するものと考えた方が良いでしょう。このPDCAとOODAを意識して業務改善案を立案することで、企業側も実行しやすいプロセス作りが行なえるでしょう。

(3)業務改善成否の評価

業務改善の立案を行ない実行したなら、成否の評価を行なう必要があります。これはフレームワークであるPDCAサイクルを健全に回すために不可欠なプロセスとなっています。このプロセスがないと次の業務改善を実行することができません。必ず業務改善において何が成し遂げられたのか、具体的な数値データを比較する必要があるでしょう。もし成否の評価結果でさらなる課題が見つかったのであれば、さらに業務改善計画を立て、フレームワークであるPDCAとOODAを繰り返しながらより精度の高い業務改善を実現することができるのです。中にはコスト削減の推進や仕事の質を高める全員参加型の業務改革をさらに行なわなければならないケースもあります。

 

 

業務改善のためのコンサルの種類と選び方

業務改善のためのコンサルの種類と選び方3

(1)コンサルにはいくつかの種類がある

コンサルとひと口に言ってもいくつかの種類があることを覚えておく必要があります。コンサルの種類によって業務改善の手法やどのプロセスに関わっていくかが異なるからです。

まず戦略系コンサル。戦略系コンサルは問題点をあぶり出すのに長けているコンサルです。なぜ業務の効率が上がらないのか全く分からない企業であったとしても、戦略系コンサルであれば問題点を発見し解決するための計画を提案することができるでしょう。ただし解決策を実行するプロセスには関わらないこともあります。

次に総合系コンサル。こちらはどこかのプロセスに特化したコンサルではなく、問題点の把握から業務改善の実行まで幅広く網羅するコンサルのことです。ただし企業側がある程度問題点について把握していることが求められます。

さらに業界特化型のコンサルもいます。これはある特定の分野・業界に非常に詳しいコンサルで、その業界特有の問題や解決策に通じており問題の把握から業務改善の実行まですべてのプロセスに携わることができる人です。こうした種類について覚えておくと、自分がどんなタイプのコンサルになりたいかがわかるでしょう。

(2)どんなコンサルを目指すべきか

では企業はどのようにコンサルを選ぶのでしょうか。まずは自社の業界に詳しいコンサルを選ぶに違いありません。当然ですが、アパレル業界に詳しいコンサルはアパレルショップなどの業務改善に適しています。これからコンサルとして働きたいという場合には、自分の得意分野を伸ばしつつ業務改善を提案できるようになりたいところです。

もしくは新たな分野を勉強してコンサルとしての幅を広げるという方法もあります。それぞれの分野で業務改善の手法も異なるので、いくつもの分野で業務改革が行なえるというのは大きな強みとなるでしょう。もしコンサルとしての実績があるとすれば企業としても魅力的です。しかし経験が浅いからといって的確な業務改善計画が立てられないわけではないので、それほど重視する必要はないかもしれません。

(3)コンサルになるためにはセミナーも利用する

これからコンサルになりたいという方、もしくはコンサルとして業務を行ってみたいという方は、セミナーを利用してスキルを高めることができるでしょう。セミナーでは実際にコンサルとして活躍している方の話を聞いて刺激を受けたり、疑問や不安を解決したりすることができるはず。

ただし単にセミナーに参加すればいいというわけではありません。セミナーに参加する目的を見失わず、常に向上心をもってセミナーに参加していけばより多くの知識や技術を吸収できます。セミナーだけでなく、Free Consultant.jpのようなサイトに実際に登録してみるのも良い方法です。

☆Free Consultant.jpを初めてご利用の方はこちら:https://freeconsultant.jp/service

 

 

業務改善は企業との協力が重要

業務改善は企業との協力が重要4

(1)業務改善計画だけでは不十分

コンサルとして働き始め、さまざまな手法で問題点を浮き彫りにし、業務改善計画を設計したとしてもそれだけでは不十分です。実際に設計した計画を実行しなければ業務の効率化は図れません。コンサルの中には全員参加型のプランを立てることで効率化を図る人もいます。全員参加型の業務改善計画は、社員各自の仕事の質を高めることによる業務の効率化です。全員参加型の場合、社員一人ひとりの負担は増えるため、社内メンバーよりも外部から来たコンサルの方が実行しやすい立場にあります。業務改善のプランが軌道に乗り成功を収めるために、社員に協力を仰いで全員参加型の改革を行なうことで、より大きな成功を収めることができるでしょう。

最初の業務改善では全員参加型の業務改革が難しかったとしても、PDCAサイクルを繰り返していく中で変化が生じる場合もあります。社員一人ひとりが危機感を共有できる全員参加型の業務改革は高い効果を発揮することを覚えておきましょう。

(2)企業との協力で最大限の効果を

企業がコンサルに業務改革を依頼する場合、コンサルに業務を任せっきりにしてしまう傾向が見られます。しかし実際にはコンサルが社内メンバーと協力しながら業務改革を行なわなければプロジェクトは成功しません。というのは、コンサルはずっとその企業にとどまるわけではないからです。社内メンバーの中にコンサルの意図や業務改革の内容を理解している人がいなければいずれ改革は忘れ去られ、計画は成功せずに終わってしまうでしょう。そのため、社内メンバーがプロジェクトの内容を理解し実施できるように助けることがコンサルに求められています。企業側も最大限の協力をすることによってコンサルと二人三脚での業務改革が行なえるのです。

 

 

 

コンサルの仕事はやりがいとともに責任の伴うものであることがわかりました。コスト削減などの業務改革のためにはコンサルの力が不可欠です。これからコンサルとしての業務を行ないたいと思っている方は、ぜひ自分の得意な業界や手法について研究して業務改革に役立ててください。

 

(株式会社みらいワークス Freeconsultant.jp編集部)

 

 

「初めての方へ」頁遷移バナー

 

 

 

◇こちらの記事もオススメです◇

働き方改革を支援する「RPA」とは」

どのくらい進んでいる? 企業のクラウド利用」

データ分析も働き方改革? BI(ビジネスインテリジェンス)ツールに中小企業が活用」

 ———————————————————–

◆スタッフからメッセージ◆

MW10987:SIプロジェクトでのPMO経験をお持ちのコンサルの方、ぜひ本サービスにご登録の上ご応募ください!

MW10984:◆みらいワークス元請案件◆複数名募集案件!当RPAツールの提案と、提案人材育成をご支援ください!

MW10978:大手損害保険会社でのコンサル案件です。PMOとして支援できる人材を募集しています!

 

※既にご紹介が終了している案件もございます。予めご了承ください。

☆他にも注目案件を掲載中!詳しくは下記をクリック☆

募集中のコンサルタント案件ページはコチラ


関連記事

募集中の案件


募集中のコンサル案件ページはコチラ
最新の記事一覧
ITコンサルへの転職!未経験でも成功させる秘訣とは
フリーランスが業務委託で働く時に気を付ける契約内容とは?
フリーランス必見!業務委託など契約形態の違いや独立時の注意点
なぜ今RPAが注目されるのか?業界別成功事例を踏まえて解説
RPAのコンサルになるには?働き方改革推進で需要急増中
カテゴリ別一覧
独立・起業のノウハウ・ドウハウ
お金のこと
ビジネススキル
最新IT情報
時代の先取り
健康のこと
月別過去記事一覧
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
 

お電話でのお問い合わせはこちら。 03-6408-5862 受付時間:10:00~19:00 土日祝定休 お電話でのお問い合わせはこちら。 03-6408-5862 受付時間:10:00~19:00 土日祝定休

はコチラ
最近見た案件

最近見た案件はコチラ

最近見た案件

案件一覧へ