コンテンツメニュー



SAPコンサルタントの仕事はフリーランスという働き方とも相性がいい

初めての方へページはコチラ募集中のコンサル案件ページはコチラ

企業が抱える経営課題を明確にしたうえでその解決を支援する「コンサルタント」という仕事は有名ですが、一言でコンサルといっても、実際にはさまざまな業種にわたって多種多様のコンサル案件が存在するのが現状で、その仕事は簡単にくくれないほど幅広いものです。そのなかの一つに、「SAPコンサルタント」という仕事があります。

 

クライアント企業の課題解決を「IT技術」の観点からサポートし、IT・Webシステムの導入・開発プロジェクトを支援するコンサルとしては、「ITコンサルタント」という仕事もあります。その一種ともいえるSAPコンサルタントの仕事は、SAPの製品に特化したコンサルであり、フリーコンサルタントが手がけることも多く、フリーランスという働き方とも相性がいいといわれます。

 

SAPコンサルタントの仕事とは、SAPの製品に特化したコンサルとはどのようなものか、現状でSAPコンサルタントの求人はあるのか、SAPコンサルタントの案件内容はどのようなものなのか、どのようなスキルや経験が求められるのか、認定試験などはあるのか、案件の単価は高いのか——。意外と知られていないSAPコンサルタントの仕事の現状について、見ていきましょう。

 

 

目次

■世界最大級のソフトウェアベンダーSAP
(1)ERP分野で圧倒的なシェア「SAP」
(2)「クラウドERP」が転機に。時代に合わせ展開を図ってきたSAP

 

■フリーランスとも相性がいいSAPコンサルタントの仕事
(1)SAP R/3の後継製品としてリリースされた「SAP S/4 HANA」
(2)SAPコンサルタントの役割は、ハードルの高い基幹システムの導入支援

 

■SAPコンサルタントに求められるスキルと案件例
(1)大手の金融関連企業が、基幹システムをSAPのERP製品にリプレースしたいと考えている
(2)製造業の中堅企業が、規模拡大に伴いERPの導入を検討

 

■SAPコンサルタントの将来性はフリーランスなら要注目
(1)すそ野が広がる「SAPの導入」は、注目すべき開拓価値のある市場

 

■まとめ

 

 

 

世界最大級のソフトウェアベンダーSAP

世界最大級のソフトウェアベンダーSAP

(1)ERP分野で圧倒的なシェア「SAP」

SAPコンサルタントの仕事を知るには、まずは「SAP」について知る必要があります。ITに詳しいコンサルの方やエンジニアの方であればご存じの方も多いと思いますが、SAPというのは社名で、正式名称を「Systemanalyse and Programmentwicklung」といい、「エス・エー・ピー」と読みます。SAPはドイツに本社を置く企業で、世界全体での売上高は3兆円超(2017年)。マイクロソフトやオラクルといった世界有数の会社と同じく、世界で十指に数えられる有数のソフトウェア会社の一つです。

 

SAPが提供しているのは、主に法人(エンタープライズ)向けの業務アプリケーション製品。経営の効率化を目的として、企業のヒト・モノ・カネ・情報といった経営資源を管理・活用するための基幹システムである「ERP(Enterprise Resource Planning)」製品を中心に提供しています。SAPのソフトウェアの利用は世界190カ国、約32万社に及び、ERP分野では圧倒的なシェアを獲得しています。

(2)「クラウドERP」が転機に。時代に合わせ展開を図ってきたSAP

ERPシステムは、かつてはほかのソフトウェアと同様パッケージ形式での提供がメインで、そのパッケージ製品をオンプレミスで運用していました。しかし、次第にインターネットが普及し、高速通信が可能になると、SaaS(Software as a Service)やIaaS(Infrastructure as a Service)での提供も登場するようになります。そして、クラウドコンピューティングの波が到来。ITを「所有」する時代から「利用」する時代へと急速に動かしたクラウドコンピューティングの波に影響されたのは、ERPシステムも例外ではありませんでした。

 

パッケージ形式での提供は非常に高額で、そのユーザー企業も必然的に大企業や中堅企業に絞られていたERP製品ですが、「クラウドERP」ともいわれるクラウド形式でのERP製品の登場はその状況も一変させます。クラウドERPの登場でERP製品を低コストで使いやすくなったため、ユーザーのすそ野が小規模企業にまで広がるようになったのです。そうした変遷を経てきたERPの分野で、マイクロソフトやオラクルといった大手ソフトウェアベンダーとしのぎを削りながら、時代に合わせてさまざまな展開を図ってきたのがSAP、そしてSAPの現状のERPアプリケーションです。

 

 

フリーランスとも相性がいいSAPコンサルタントの仕事

SAPコンサルタントの仕事

(1)SAP R/3の後継製品としてリリースされた「SAP S/4 HANA」

SAPが提供するERPシステムの代表製品は、クライアント/サーバーシステムに初対応したERPパッケージである「SAP R/3(エス・エー・ピー アール・スリー)」です。この製品は広く使われ、世界中の企業で人事・財務・会計・物流といった資産を管理・活用する基幹システムとして浸透するようになりましたが、近年ではSAPのERP製品もクラウド対応が進むなかで、SAP R/3の後継製品としてリリースされたのが「SAP S/4 HANA(SAP Business Suite 4 SAP HANA、エス・エー・ピー エス・フォー・ハナ)」です。

(2)SAPコンサルタントの役割は、ハードルの高い基幹システムの導入支援

こうして、時代の変遷とともに製品のバリエーションを展開し、ERP分野でのシェアを確固たるものにしているSAPのERP製品群のラインアップは、現状では実に多様になりました。日本法人でありSAPジャパンのWebサイトを見てみると、その製品領域が非常に広範囲にわたることがよくわかります。そうしたITシステムを導入するにも製品を購入するだけではなく、企業の実態に合わせて開発やカスタマイズを行なうなどの必要があります。企業活動の重要な部分に密接に関わるシステムですから、スムーズな実装・運用のためにプロジェクトを組んで入念な準備を重ねなければなりません。

 

「ERP製品を自社に導入して会社の資産をきちんと管理し、経営の効率化を図りたい」、「会社の規模も大きくなってきたので、基幹システムをSAP製品に変えてスピーディーに意思決定できるようにしたい」、「これまでオンプレミスのシステムを動かしていたERPシステムをクラウド製品にリニューアルしたい」と考える企業は少なからず存在しますが、ユーザー企業だけでSAPの基幹システムを導入するのは非常にハードルの高いものです。

 

そこで、クライアント企業がSAPのERP製品を導入するのを支援するのが、SAPコンサルタントの主な仕事です。インプリメントコンサルタント(インプリコンサル)とも呼ばれるSAPコンサルタントは、クライアントの現状を分析してその企業にどのような業務や資産が存在するかを整理し、それらを管理するための基幹システムとしてどのような要件が必要かをまとめ、システムを設計・開発していくという一連のシステム導入プロジェクトの実行を、SAP製品の導入に特化して支援します。

 

SAPコンサルタントの仕事は、コンサルティングファームやシステムインテグレーターの案件を引き受ける場合と、フリーランスのコンサルとして案件紹介を受けて業務に従事する場合があります。SAPコンサルタントの仕事は高単価の傾向にあり、コンサルタントとしても高い年収を狙いやすいです。フリーランスであれば、まとまった単価の一つのプロジェクトを終えたあとに長めの休暇をとるといったスケジュールの組み方も可能。フリーコンサルタントが案件紹介を受けることも多く、後述するように今後も継続して案件が発生すると見込むことができるSAPコンサルタントの仕事は、フリーランスという働き方と相性がいい仕事の一つといえるでしょう。

 

 

SAPコンサルタントに求められるスキルと案件例

SAPコンサルタントに求められるスキルと案件例

 

SAPコンサルタントとしてプロジェクトにあたるには、SAPの製品群に関する深い知識とスキルを有していることが前提となります。それを証明しやすいのが、SAPの認定資格の取得です。SAPは、SAPのシステム導入をするために必要な専門知識と経験、ノウハウとスキルをもっていることを証明するための認定資格として、SAP認定コンサルタント制度という認定試験を実施しています。この資格をもっていなくてもSAPコンサルタントとして仕事をすることはできますが、資格を取得していると実際のプロジェクト現場ではスムーズに仕事に就きやすくなるでしょう。

 

特にフリーコンサルタントの場合、企業に属するコンサルに比べて契約面で不利に働くことも少なくありませんが、SAPコンサルタントの仕事については認定資格を持っていることがその状況を打破するきっかけにつながりやすくなります。認定資格については、SAPのWebサイトに詳しく掲載されています。

◆詳細はこちら:https://training.sap.com/content/cert

 

また、SAP製品のシステムコンサルを行なうSAPコンサルタントの仕事では、ERPシステム自体はもちろん、システムで管理する人事・財務・会計といった業務に関する知識も不可欠です。システムの導入検討、要件定義から開発・実装までをサポートするプロジェクトですから、ERPに限らず、パッケージソフトやクラウドシステムなどITシステムの導入経験があることが望ましいとされています。加えて、コンサルとして最終的に支援すべきなのは企業の経営課題の解決であり、SAPの製品を使ってそれを支援するというSAPコンサルタントの目的を考えれば、企業の経営課題に対するコンサルの業務経験もやはり必要となるでしょう。

そうしたスキルと経験を有するSAPコンサルタントには、さまざまな案件が発生します。SAPコンサルタントの求人もあれば、フリーコンサルタントが案件紹介を受けることもあります。SAP製品に関するコンサルの案件内容の一例を挙げると、次のようなものがあります。

(1)大手の金融関連企業が、基幹システムをSAPのERP製品にリプレースしたいと考えている

社内のPMO(Project Management Office、プロジェクトマネジメントの支援部門)とともにそのシステム導入プロジェクトにあたり、システム構築を支援してほしい。勤務地は首都圏で、単価は月150万円。金融の業務知識を有する人材であればなお可。

(2)製造業の中堅企業が、規模拡大に伴いERPの導入を検討

クラウドのソリューションを希望しており、SAPのクラウドERPを導入する方向でプロジェクトを進めている。顧客企業では大規模なシステム開発のプロジェクト経験・スキルがなく、システムの基本設計や要件定義はもちろん、プロジェクトの進め方といったようなPMO的業務も含めて支援してほしい。勤務地は関西地方、単価の予算としては100万円以内に収めたいと考えている。

◆他にもさまざまなSAP案件があります:FreeConsultant.jpのSAPコンサル案件

 

 

SAPコンサルタントの将来性はフリーランスなら要注目

フリーランスのSAPコンサルタントの将来性

(1)すそ野が広がる「SAPの導入」は、注目すべき開拓価値のある市場

前述のとおり、SAP製品のユーザー層はかつては大手企業中心で、大手企業に全社でシステム導入をするようなケースではプロジェクトの規模も非常に大きいものでした。その分、案件紹介を受けたコンサルの報酬としても高い単価を見込むことができたわけです。そうした時代を経てERPシステムの導入も一巡した感がある今、SAPコンサルタントの仕事も一段落かと思われるかもしれません。

 

しかし、SAP製品の導入を検討する企業は今やそのすそ野を拡大し、中小規模の企業にまで及んでいます。SAPの現在の主力製品の一つであるS/4 HANAも、多くの支持を獲得しています。以前に比べれば、案件の単価としてはそれほど大きいものではないかもしれませんが、クライアントとなる企業は幅広く、案件紹介の“タネ”は至るところに蒔かれている状態ともいえます。フリーコンサルタントにとっては、開拓する価値が十分に潜んでいる市場の一つと考えられます。

 

また、すでにSAPのERP製品を導入している企業でも、新しい拠点を立ち上げるにあたってシステムを導入することもありますし、オンプレミスからクラウドへのシステム刷新のニーズは増加しています。さらに2025年末には、SAPのERP製品群のなかでも最も多く使われている「SAP ERP(SAP Business Suite 7)」のサポート終了を迎える予定で、ユーザー企業はS/4 HANAへ移行するのか、それともクラウド形式のERPシステムへリプレースするのか、検討や準備を行なわなければなりません。S/4 HANAへ移行するとしても、DBインスタンスとSAPインスタンスが同じサーバーに存在する構成であったSAP ERPからの移行はインフラ一つとっても細かな検討や検証が必要です。

 

そうした状況のなかで、SAPコンサルタントの仕事は、案件紹介が多く今後も継続して案件の発生を見込むことのできる、いわば将来性のある仕事の一つです。フリーランスのコンサルタントにとって、「案件紹介が多く、今後も案件の発生が続く分野」というのはそれだけコンサル案件を獲得する市場が広いことを意味しますから有益です。フリーコンサルタントが案件紹介を受ける方法もさまざまなものがある現状も、そうした“将来性”にとっては追い風となる要素です。

IT・Web関連のシステム導入プロジェクトを支援するといったコンサル案件にはさまざまなものがあり、ITコンサルタント、PMO支援といったコンサルの案件も、近年高いニーズを集めている仕事の一つですが、SAPコンサルタントの仕事も同様に案件紹介も多く、フリーコンサルタントであれば今後も注目すべき仕事といえるでしょう。

 

 

 

ユーザー企業にとってIT・Webの活用やシステムの導入は、経営課題の解決や事業の推進に不可欠です。しかし、常に技術のアップデートがあるIT・Webの現状をユーザー企業が把握するのは簡単なことではなく、システムの導入を自社だけで行なうのは困難をきわめます。本来、事業を展開し企業の課題を解決するために割かれるべきリソースが、それを助けるためのシステム導入に必要以上に割かれてしまうことになっては、本末転倒です。

特にERPシステムは、人事、財務、会計といったように、企業の重要なところに密接に関わるシステムであり、失敗が許されません。そうしたユーザー企業を支援するSAPコンサルタントの仕事は、求められるハードルも高いですが、非常にやりがいもあるものです。SAP製品を通じてERP領域の経験を重ねること、SAPコンサルタントとして仕事ができるだけのスキルを身につけることは、単に高い単価を狙えるというばかりでなく、フリーコンサルタントとしても仕事の幅を広げ、深みを増すことになり、ビジネスチャンスの拡大につなげる機会になるでしょう。

 

(株式会社みらいワークス Freeconsultant.jp編集部)

 

「初めての方へ」頁遷移バナー

 

 

◇こちらの記事もオススメです◇

SAPコンサルタントは今後生き残れる?気になる将来性とキャリアパス」

クラウド化が加速するERP市場で進化するSAP ERP」

SAPによる「デザイン思考」の価値創造は何をもたらすのか?」

 ———————————————————–

◆スタッフからメッセージ◆

MW10665:AWS移行プロジェクト経験もしくはそれに近しい経験をお持ちのコンサルタントを募集!ぜひご応募ください

MW10592:◆代表オススメ案件◆バイリンガルレベルで英語を使用可能なコンサル人材を募集!

MW10574:◆みらいワークス元請案件◆ERP導入作業などで苦慮しています。支援できるコンサルを募集!

 

※既にご紹介が終了している案件もございます。予めご了承ください。

☆他にも注目案件を掲載中!詳しくは下記をクリック☆

募集中のコンサルタント案件ページはコチラ


関連記事

募集中の案件


募集中のコンサル案件ページはコチラ
最新の記事一覧
ITコンサルタントが転職に失敗しないために押さえておくべき事とは
ITコンサルへの転職!未経験でも成功させる秘訣とは
フリーランスが業務委託で働く時に気を付ける契約内容とは?
フリーランス必見!業務委託など契約形態の違いや独立時の注意点
なぜ今RPAが注目されるのか?業界別成功事例を踏まえて解説
カテゴリ別一覧
独立・起業のノウハウ・ドウハウ
お金のこと
ビジネススキル
最新IT情報
時代の先取り
健康のこと
月別過去記事一覧
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
 

お電話でのお問い合わせはこちら。 03-6408-5862 受付時間:10:00~19:00 土日祝定休 お電話でのお問い合わせはこちら。 03-6408-5862 受付時間:10:00~19:00 土日祝定休

はコチラ
最近見た案件

最近見た案件はコチラ

最近見た案件

案件一覧へ