コンテンツメニュー



業務改善と業務改革を担うITコンサルタントに役立つ資格

初めての方へページはコチラ募集中のコンサル案件ページはコチラ

現在のビジネスにおいて、切っても切り離せないのが「IT」です。ITとは情報技術のことで、現代においてはデータ通信やパソコンなどのコンピューターに関する技術を指します。あらゆる情報がパソコンやタブレットで管理され、顧客やクライアントとのやり取りも電子メールで行なわれている昨今、企業側もITをまるで無視した経営は行なえません。

そんなITを活用して企業の経営やビジネスの戦略を立て、課題の解決や業務改善、業務改革をはかるのがITコンサルタントです。詳しい仕事内容や資格について見ていきましょう。

 

 

目次

■ITコンサルタントとは?
(1)業務改善や業務改革をはかるERPコンサルタント
(2)サプライチェーンの効率化をはかるSCMコンサルタント
(3)CRMコンサルタント

 

■ITコンサルタントになるために
(1)ITコンサルタントになるのに資格は必要?
(2)未経験者でもなれる
(3)システムエンジニアからの転向

 

■ITコンサルタントに転職をするなら
(1)資格を取得する
(2)kintoneを使いこなす
(3)各求人サイトを利用する

 

■ITコンサルタントを目指す上で役立つ資格
(1)ITストラテジスト
(2)ITコーディネータ
(3)中小企業診断士

 

■まとめ

 

 

ITコンサルタントとは?

ITコンサルタントとは?_1

(1)業務改善や業務改革をはかるERPコンサルタント

「Enterprise Resource Planning」を略してERP。ERPコンサルタントは、社内のシステムが効率的に働いていない場合、問題点をピックアップして改善し、業務改善や業務改革を行ないます。このような問題はさまざまな企業で見られるもので、それは大企業であっても例外ではありません。またこのような問題を抱えている企業こそ、幅広く専門的な知識を持つITコンサルタントの活躍の場であり、膨大なデータの中から問題点を見付け、業務改善や業務改革をはかります。

ERPコンサルタントに求められるのは、各企業やクライアントが現在どのような経営問題を抱えているのかを分析して課題を提示し、それを解決するためのITシステムの設計から開発までを行なう高い能力です。また、ERPコンサルタントはヒアリングやプレゼンも行なうため、コミュニケーション能力も必要とされます。

業務改善や業務改革を行なうERPコンサルタントは企業の強い味方として常に高いニーズがある職種であり、給与もそれに見合った高年収であることが多いですが、当然のことながら業務改善や業務改革を行なうには相応の経験や知識、そしてスキルが必要です。

(2)サプライチェーンの効率化をはかるSCMコンサルタント

SCMとは「supply chain management(サプライチェーンマネジメント)」の略。サプライチェーンは販売のプロセスを指す言葉で、購買調達から製造や物流そして販売、さらにはサービスなどの情報を整理統合して、サプライチェーン全体で共有することで効率化をはかり、業務改善や業務改革を行ないます。

例えば物流や購買コストを削減するために在庫を最適化する。業務プロセスとシステムを改善することで、その時々で最適な製品を提供して販売ロスを減らすといったことが、SCMコンサルタントの業務です。

SCMコンサルには、SCMの業務に関する深い知識やスキルが求められるのはもちろんですが、その他にも業務改善や業務改革を行なうための企画力や、実績、語学力なども求められます。

SCMコンサルは難易度が高い職種ですが、その分やり甲斐もあり、需要も高いようです。

(3)CRMコンサルタント

「Customer Relationship Management(カスタマーリレーションシップマネジメント)」、すなわちCRMは顧客に関するさまざまな情報を活用することで、最適なサービスを提供することです。CRMというと、顧客の情報を管理、分析するシステムと勘違いされがちですが、CRM自体はシステムではなく、顧客との関係を構築し、管理するマネジメント手法を指します。近年では顧客情報を管理分析し、CRMをサポートする製品が多く販売されている関係でこの点が混同されやすいようです。

CRMコンサルタントは顧客戦略の策定から実行までを支援する関係で、あらゆるジャンルやプロセスに関する知識や能力が求められます。物事をさまざまな目線から論理的に捉える力、コミュニケーション能力、ゼロベース思考力など、一朝一夕では身につかないスキルも多いので、日頃から自らを高める努力を怠らないようにしましょう。

 

 

ITコンサルタントになるために

ITコンサルタントになるために_2

 

前項でも触れた通り、ITコンサルタントの業務内容は幅広く、業務改善や業務改革、そして効率化を行なうERPコンサル以外にもSCMコンサルやCRMコンサルなど、多様な業務を請け負います。一体どうしたらITコンサルタントになることができるのでしょうか。

(1)ITコンサルタントになるのに資格は必要?

ITコンサルタントになるためには、資格はいりません。難しい職種ではありますが、「この資格に認定されなければITコンサルタントとして働けない」というわけではないのです。

しかし、幅広い知識やスキルが必要とされる職種なので、資格を持っていることで就職や転職に有利に働く可能性はありますし、業務で役に立つこともあるでしょう。

(2)未経験者でもなれる

ITコンサルタントは資格を必要としないので、未経験者でもなることは可能です。もちろん、未経験者を採用する企業はそれほど多くはないでしょう。しかし誰にでもチャンスがあると思えば挑戦する価値はあります。

ただし、未経験者や初心者がITコンサルになる場合は、ITに関する知識はもちろん、各企業の知識やプロセスの理解、情報処理スキルなど、幅広く勉強しなければなりません。誰しも最初は初心者とはいえ、分からないことはすぐに調べて自分の力にする向上心が求められます。

(3)システムエンジニアからの転向

元々システムエンジニアやプログラマーとしてITに携わる職種についていた人が、ITコンサルへ転向するというケースは多く見られます。元々ITに精通し知識もスキルも豊富のため、ITコンサルに転向してもスムーズに新たな業務を行なえることが多いです。

 

 

ITコンサルタントに転職をするなら

ITコンサルタントに転職をするなら_3

 

ITコンサルタントに転職を希望する場合、どのような準備をして、どのように転職活動を行なえば良いのでしょうか。ITコンサルタントへの転職を成功させるための情報をご紹介します。

(1)資格を取得する

ERP、SCM、CRMなど、さまざまな面で業務改善や業務改革を行なうITコンサルタントですが、前項の【①ITコンサルタントになるのに資格は必要?】でも触れた通り、特定の資格試験を受験して認定されなければなれないというわけではありません。認定されなくてもITコンサルタントは名乗れますし、働くこともできます。しかし就職や転職、今後の業務に役立つ資格はたくさんありますので、資格試験を受けて認定されれば有利になるはずです。

(2)kintoneを使いこなす

ITコンサルを目指すのであれば、「kintone(キントーン)」が使えると良いでしょう。kintoneはウェブデータベース型の業務アプリ構築クラウドサービスで、マウス操作により直感的にシステムを構築することができます。

(3)各求人サイトを利用する

特殊なスキルや知識、資格の認定を必要とする職種の場合は、その業界や職種に特化した転職者向けの求人サイトがあります。当然ITコンサルタント専門の求人サイトもあり、色々な職種の求人が混在している求人サイトに比べるとはるかに効率的に就職や転職活動を進めることができるでしょう。

また求人サイトの多くは独自のサポート制度を設けています。専属エージェントや交流会、コラムの掲載、有償サービスなど、どのような制度かはサイトによって違いますので、その点も含めて転職サイト選びをすると良いでしょう。

☆フリーランスのプロフェッショナル人材向け案件情報はこちら:https://freeconsultant.jp/project

 

 

ITコンサルタントを目指す上で役立つ資格

ITコンサルタントを目指す上で役立つ資格_4

 

ITコンサルタントは、特定の資格認定を受けなければなれない職業ではありませんが、資格を持っていることで役立つ場面は多々あります。ITコンサルとしての実務経験が浅い人は、資格の認定を受けることで必要な知識を有しているというアピールになりますし、まだ足りていない経験を知識で補うことができるでしょう。またすぐには役に立たなくても、今後ITコンサルタントとして働く上で、その知識が役に立つ場面に遭遇する可能性もあります。

今後のために資格の認定や取得を目指すなら、ITストラテジスト、ITコーディネータ、中小企業診断士などがおすすめです。本項では、これらの資格について解説していきます。

 (1)ITストラテジスト

IT技術による企業の改革や最適化、高度化を目指すのがITストラテジストであり、その資格認定試験となるのが高度情報処理技術者試験の一つであるITストラテジスト試験です。

ITストラテジストの資格は難易度が高いとされており、公認会計士や弁護士と比較されることもあるほどです。合格率は例年14パーセント程度で、7人から8人に1人程度しか合格できない計算になります。本腰を入れて学ばなければ、合格は難しいでしょう。とてもレベルの高い資格ですが、それは言い換えると、ITストラテジストの資格を持っていることで知識や能力が保証されるということでもあります。

このようにITストラテジストは難易度が高く、専門的な知識が求められる資格ですが、一方で受験をするにあたっての条件は特に設けられていないので、当人のやる気と努力次第で誰でも合格できる可能性がある資格でもあります。

テキストを覚えるだけでも時間を要する上に、独学では要点を押さえるのも難しいので、ある程度決まった時間に勉強ができる場合は、ITストラテジストの試験対策をしているスクールや通信講座に通うと良いでしょう。

(2)ITコーディネータ

ITコーディネータは2001年に経済産業省(当時は通商産業省)によって設けられた資格制度です。どのような資格であるかを端的に説明すると、「企業のIT化をサポートする」ためのITの専門家です。ITコーディネータは経済産業省の推進資格でもあり、資格保有者は6,500名を超えています。

ITコーディネータの資格を保有している人は、その他にも中小企業診断士やITコンサルタント系の資格、公認会計士、税理士などの資格を有していることが多く、既に保有している資格や、これから目指す資格との相乗効果を意図しているケースが多いです。

ITコーディネータの合格率は毎年多少の変動がありますが、近年では55%から70%程度平成30年は受験者数に対して合格率は70.6%でした。

テキストや参考書による独学で合格する人もいますが、ITコーディネータは現在注目を集めている資格なので、試験対策用のスクールや通信講座もあります。効率的に勉強をしたいという方は、そちらを利用すると良いでしょう。

(3)中小企業診断士

中小企業診断士という資格があります。資格名だけを見るとITとはあまり関係がなさそうな印象を受けますが、ITコンサルタントとしての活躍を目指すならば持っていた方が良い資格の一つです。加えて、中小企業診断士は国家資格であることから信頼性が高く、持っていても決して無駄にならない資格と言えます。

元々中小企業診断士は経営コンサルタントの国家資格なので、ITコンサルタントとして働く場合にも非常に役に立つ、キャリアアップに繋がる高度な資格です。

ただし、その分難易度は低くありません。中小企業診断士の試験は1次試験と2次試験に分かれていますが、まず1次試験の合格率は20%程度で、全体の8割近くが落ちてしまいます。そうして残った20%の合格者も2次試験では更に数を減らし、1次試験合格者の約19%になってしまいます。

このように中小企業診断士は決して易しい資格ではないので、資格認定を目指すのならば、日頃からしっかりと勉強する必要があります。企業やクライアント、プロジェクトに応じて新たな知識が求められる事もあるITコンサルタントには、努力を厭わない心と向上心が必須です。

 

 

 

 

現代のビジネスでは、ITの要素を外すことはできません。あらゆる企業がさらなるIT化を進める中で、年々需要を高めている職種がITコンサルタントです。ITコンサルの業務は幅広く、その分企業やクライアントに応じて深い知識とスキルが求められるのはもちろん、コミュニケーション能力や物事を論理的かつ俯瞰して捉える事ができる視点など、いずれも一朝一夕では身につかない能力が必要になります。そのためITコンサルタントを目指すならば日頃から努力を怠らない姿勢が大切になります。資格取得も、キャリアアップに繋がるので視野に入れておくと良いでしょう。資格の中でも、ITストラテジストやITコーディネータ、中小企業診断士は転職の際にも有利に働くはずです。いずれも容易に取得できる資格ではありませんが、その分知識や能力の証明になるので、努力がその後のステップアップに大きく役立つことでしょう。(※本コラムは、2019年2月現在の情報によるものです)

 

(株式会社みらいワークス Freeconsultant.jp編集部)

 

 

「初めての方へ」頁遷移バナー

 

 

◇こちらの記事もオススメです◇

IT系コンサルティングにも活用!顧客の行動・心理がわかるカスタマージャーニーマップ」

Iot、ICT、ビッグデータ、AIの4つが現代のIT社会を支える」

「IoT普及に向けての課題と懸念とは?

 ———————————————————–

◆スタッフからメッセージ◆

MW10976:◆代表オススメ案件◆SI上流フェーズやPMO経験があるコンサルを募集!ご登録の上ご応募を!

MW10972:高いコンサルスキルでステークホルダーとの合意形成を推進できる人材を募集!ぜひご応募を。

MW10964:◆みらいワークス元請案件◆注目の講師スポット案件!医療・化学分野テーマ知見者の方ご応募を!

 

※既にご紹介が終了している案件もございます。予めご了承ください。

☆他にも注目案件を掲載中!詳しくは下記をクリック☆

募集中のコンサルタント案件ページはコチラ


関連記事

募集中の案件


募集中のコンサル案件ページはコチラ
最新の記事一覧
システム開発におけるPMの役割と必要なスキルとは何か
M&Aコンサルタントの年収が高い理由と就職を成功させるための術
ITコンサルが転職時に評価される資格とは
RPAソリューションと取り巻く環境。コンサルタントに求められることとは
RPA開発にコンサルタントが必要とされる真の理由とは?
カテゴリ別一覧
独立・起業のノウハウ・ドウハウ
お金のこと
ビジネススキル
最新IT情報
時代の先取り
健康のこと
月別過去記事一覧
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
 

お電話でのお問い合わせはこちら。 03-6408-5862 受付時間:10:00~19:00 土日祝定休 お電話でのお問い合わせはこちら。 03-6408-5862 受付時間:10:00~19:00 土日祝定休

はコチラ
最近見た案件

最近見た案件はコチラ

最近見た案件

案件一覧へ