コンテンツメニュー



コンサルティング業界用語辞典

コンサルティング業界用語を誰でも分かり易いように解説

50音で探す >> マ行

マ行

マーチャンダイジング(MD、Merchandising)

新商品・製品・サービスの開発や調達を通じて、戦略的に品揃えを行う活動のこと。商品やサービスを販売したい適切なターゲットに対して、適切な場所、タイミング、価格、量などのマーケティングミックスで供給すること。

マイグレーション(Migration)

ソフトウェアやシステム、データなどを別の環境に移転したり、新しい環境に切り替えたりすること。
例えば、コンピュータに導入されたOSなどのソフトウェアを、新しいバージョンに入れ替えたり、古いプログラミング言語や開発環境で記述・開発されたソフトウェアを、別の言語や新しい環境に適合するよう変換すること。企業の情報システムなどで、老朽化した機器や開発元のサポートが期限切れとなったソフトウェアなどを破棄し、同じ働きをする新しいシステムを構築して切り替えることをレガシーマイグレーションという。データベースシステムなどで、古いソフトウェアに蓄えられたデータを抽出・変換して新しいソフトウェアに移転することをデータマイグレーションなどという。

マイルストーン(Milestone)

プロジェクトの中での大きな節目のこと。プロジェクトマネジメントにおいては、マイルストーンに対する進捗をモニタリングし、必要に応じて適宜工程の修正を行って新たな計画を立て再び実施を行うという方法でプロジェクトを進行する。

マシンツーマシン(M2M、Machine-to-Machin)

機械と機械が通信ネットワークを介して互いに情報をやりとりすることにより、自律的に高度な制御や動作を行うこと。特に、コンピュータや通信装置などの情報機器以外の機会にセンサーや処理装置、通信装置などを組み込んで、データ収集や遠隔監視・制御などを行うことを意味することが多い。M2Mシステムの例としては、工場内での工作機械の集中制御や、自動販売機の在庫状況の遠隔監視、様々な建物に設置されたエレベーターの稼働状況の監視、実際の自動車の走行状況を集約したリアルタイムの渋滞情報、発電所や家庭の配電盤などにセンサーやコンピュータを導入してきめ細かな電力使用料の監視や供給制御を行なうスマートグリッドなど。

マテリアルフローコスト会計(MFCA、Material Flow Cost Accounting)

環境問題への取り組みが盛んなドイツで開発された、生産工程で生じるロスに着目した環境会計の手法。製造プロセスにおける資源やエネルギーのロスに着目して、原価計算システムにマテリアルの重量情報や温室効果ガス等の排出情報を統合することで、そのロスに投入した材料費、加工費、設備償却費などを「負の製品のコスト」として、総合的にコスト評価を行なう。これによって、これまで見過ごしていた廃棄物の経済的価値および環境負荷の大きさを可視化できる。これら「負の製品コスト」および「環境コスト」の「見える化」によって、社内的にはコストダウンを達成し、対外的には企業の社会的責任を果たすことが同時に可能になるのである。その廃棄物削減と生産性向上を同時に実現する「環境と経済の両立」を果たす点が大きな特徴であり、優れた環境経営の手法の1つ。

あなたに最適な案件がきっと見つかる。案件のご案内はこちら。 あなたに最適な案件がきっと見つかる。案件のご案内はこちら。

 

お電話でのお問い合わせはこちら。 03-6408-5862 受付時間:10:00~19:00 土日祝定休 お電話でのお問い合わせはこちら。 03-6408-5862 受付時間:10:00~19:00 土日祝定休

はコチラ
最近見た案件

最近見た案件はコチラ

最近見た案件

案件一覧へ