コンテンツメニュー



コンサルティング業界用語辞典

コンサルティング業界用語を誰でも分かり易いように解説

アルファベットで探す >> D

D

DFD(Data Flow Diagram、データフロー図)

構造化分析で中心的に用いられる図であり、システム間のデータの流れを示す図。システムをその構成要素と要素間のデータの流れにより記述する。

DD(Detail Design、詳細設計)

概要設計で決まった機能を、プログラムレベルに分割し、それぞれのプログラムで実現する機能を定義すること。システム構造設計と言う場合もある。

DBA(Database Administrator、データベース管理者)

データベースの保守や運用等を行う管理者。「データベース管理者」や「DBA」などとも呼ばれる。似たものに、データそのものの管理を担うデータアドミニストレーター(データ管理者)と呼ばれるものがあるが、データベースアドミニストレーターの場合は、データベースに特化した管理業務を行っている。データベースアドミニストレーターの業務は、データベースの物理的な設計や構築から、実際の運用や保守を行うというものである。認定資格としては、データベース管理者の最上級の資格である「マイクロソフト認定ITプロフェッショナル(MCITP)」のデータベースアドミニストレーター部門がある。

DBA(Database Administrator、データベース管理者)

データベースの保守や運用等を行う管理者。「データベース管理者」や「DBA」などとも呼ばれる。似たものに、データそのものの管理を担うデータアドミニストレーター(データ管理者)と呼ばれるものがあるが、データベースアドミニストレーターの場合は、データベースに特化した管理業務を行っている。データベースアドミニストレーターの業務は、データベースの物理的な設計や構築から、実際の運用や保守を行うというものである。認定資格としては、データベース管理者の最上級の資格である「マイクロソフト認定ITプロフェッショナル(MCITP)」のデータベースアドミニストレーター部門がある。

DMS(Dealer Management System、ディーラーマネジメントシステム)

車両販売に関する業務を効率的に遂行できるシステム。車両の販売に使用される「セールスシステム」、車両の保守・点検に使用される「サービスシステム」、車両の部品を管理する「部品(パーツ)」及び車両や部品の販売代金の決済に関する「会計(アカウント)システム」といった4つのシステムを用いて業務が遂行されており、これにより、業務の効率化が図られている。

Design thinking(デザイン志向)

人間中心デザインに基いたイノベーションを起こすための、主として非デザイナーを対象とした発想法である。 目的の1つとして、デザイナーの発想法やツールを誰でも使えるようにすることで、幅広い問題解決を可能にすることがあげられる。 ここで言及されるデザインとは、見た目の色合いといった表現に限定されるものではなく、現状をよりよいものに変えていくという広義の意味でのデザインである。

Due diligence(デューデリジェンス)

投資や買収(M&A)を行う際に、本当にその投資や買収の対象に十分な価値があるのか、またリスクはどうなのかを詳細に調査する作業のこと。なお、ビジネスDDとは、M&A対象会社の製造や営業などのビジネスモデルの把握、事業性の評価及びシナジー効果(相乗効果)分析・事業統合に関するリスク評価等を行うもの。買い手企業自身が行うことが多いが、大型の投資にもなると外部の経営コンサルティングに依頼することもある。※不動産や金融業界は…その不動産や商品などの資産の調査活動の事を指すのでコンサル業界が使うのと意味が違う。

あなたに最適な案件がきっと見つかる。案件のご案内はこちら。 あなたに最適な案件がきっと見つかる。案件のご案内はこちら。

 

お電話でのお問い合わせはこちら。 03-6408-5862 受付時間:10:00~19:00 土日祝定休 お電話でのお問い合わせはこちら。 03-6408-5862 受付時間:10:00~19:00 土日祝定休

はコチラ
最近見た案件

最近見た案件はコチラ

最近見た案件

案件一覧へ