コンテンツメニュー



あらゆる企業で活躍の場を広げるITコンサルタント

初めての方へページはコチラ募集中のコンサル案件ページはコチラ

日進月歩。あらゆる技術は日々進化を続け、それはビジネスの場にも色濃く反映されています。そんな中、近年勢いを伸ばしているのがIT業界であり、中でもITコンサルタントは現在注目を集めている職種です。

IT業界・コンサルタント業界への転職を検討しているという方も多く、求人も多く出ている職業ですが、そもそもITコンサルタントとはどのような仕事なのか、どのような雇用形態・年収情報で求人情報が出ているのか、どのような資格を持っていれば就職や転職に有利になるのかは、意外と知られていません。ここではITコンサルタントの企業での役割や、転職に関する情報をご紹介していきます。

 

目次

■ITコンサルタントとは
(1)ITコンサルタントの仕事内容は多岐にわたる
(2)ITコンサルタントの仕事内容
(3)IT活用プランニング
(4)CRMコンサルタント
(5)SAPコンサルタント

 

■システムエンジニアとITコンサルティングの違い
(1)システムエンジニアは企画・計画には携わらない
(2)システムエンジニアとITコンサルタントは視点が違う
(3)求められる資格やスキルの違い
(4)システムエンジニアからITコンサルタントへ

 

■ITコンサルタントになるには
(1)情報を読み取り解析する能力
(2)高いコミュニケーション能力
(3)専門的な知識
(4)持っていると有利な資格

 

■コンサルティング業界で働くなら
(1)専属エージェントがつく
(2)年収情報の比較がしやすい
(3)サポート体制が整っている
(4)ノウハウを持っているか

 

■まとめ

 

 

ITコンサルタントとは

itコンサルタントとは_1

 

ITコンサルタントとは、企業の経営戦略を練り、課題を解決することを目的としている職種です。これだけを聞くとざっくりとしていて、仕事内容は実に幅広い印象を受けます。本項では、ITコンサルタントの主な仕事内容についてご紹介します。

(1)ITコンサルタントの仕事内容は多岐にわたる

ITコンサルタントの仕事内容の幅は広く、年収は高い傾向があるもののあらゆる分野の業務を行なうため、なりたいと思ってもすぐにそのポストにつけるというものではありません。コンサルタント業界に入り、ITコンサルタントのポストに就くには、相応のスキルと知識が必要とされます。

(2)ITコンサルタントの仕事内容

「ITコンサルタント」という名称からも分かる通り、ITを活用して業務を行ない、課題を解決していくのがITコンサルタントの業務です。

企業にはそれぞれに経営方針が存在しており、同じ業界でも経営者が違えばその方針は大きく変わります。ITコンサルティングは、その企業方針に沿ってIT戦略を練り、システム開発を提案することが主な業務となります。仕事内容はその時々で変わってきますので、臨機応変に対応していかなければなりません。

(3)IT活用プランニング

企業を経営する上で役立つITシステムを開発し、自社の発展に貢献していくのがIT活用プランニングです。各企業にはさまざまな業務プロセスがありますが、どの分野で競争優位性を構築するのかを提案し、そのための戦略を策定します。また、その戦略にあわせた全情報システムのITアーキテクトを規定し、ITプロジェクトの中で何が必要であるかを識別していきます。

この業務で重要なのは、業務戦略、業務プロセス、ITの3つが1本のラインで結ばれるよう整合性をとり、一貫性を持たせることです。

(4)CRMコンサルタント

CRMとは、Customer Relationship Managementの略称で、顧客に関するさまざまな情報を活用することで、顧客にとってどのようなサービスが最適であるかを解析して、顧客を長期にわたり維持して収益を得るための経営管理方法を指します。

CRMコンサルタントは、各企業の経営戦略を基にして戦略を立て、業務プロセスや関連システムの再構築、チャンネルの最適化などを行ないます。

(5)SAPコンサルタント

ドイツに本社を置き、マイクロソフト、オラクルに次いだシェアを誇るソフトウェア会社が「SAP」です。SAPコンサルタントは、このSAPが提供している「ERP」というパッケージソフトによってあらゆる経営資源を管理し、活用することで経営の効率化をはかります。

 

 

システムエンジニアとITコンサルティングの違い

システムエンジニアとitコンサルティングの違い_2

システムエンジニアとITコンサルのポストはしばしば混同されますが、どのような違いがあるのかをご紹介していきます。

(1)システムエンジニアは企画・計画には携わらない

システムエンジニアの仕事内容はシステムの開発・構築・改修であるのに対して、ITコンサルは企業の経営方針に基づいた課題の解決を業務としています。この2つの業務の大きな違いは、ITコンサルタントはITに関わる構想策定を行なうという点です。システムエンジニアというポストは技術職であるため、経営や戦略の企画・計画に携わることはありません。システムの構築にはITコンサルタントと共に立ち会いますが、システムエンジニアはあくまでベンダー側の存在であり、ITコンサルタントはユーザー側の存在として立ち会います。

(2)システムエンジニアとITコンサルタントは視点が違う

前項で、システムエンジニアはベンダー側の存在と記述しました。システムエンジニアの仕事内容は、決められた予算・期日でシステムを完成させることを目的としていますが、ITコンサルタントはあくまでクライアントの視点から戦略を練り、課題や問題を解決することを目的としています。

(3)求められる資格やスキルの違い

これまでにご紹介したシステムエンジニアとITコンサルタントの違いから分かる通り、そもそもこの2つの職種は求められる資格やスキルが違います。ITコンサルタントは、ITに関する知識はもちろん、クライアントがどのような業務を行なっているのかを理解するための幅広い知識も必要になる他、相手を説得するための対人能力や、論理的に説明・説得する力も求められます。

(4)システムエンジニアからITコンサルタントへ

システムエンジニアがITコンサルを目指すケースも多いです。ITコンサルタントを目指す場合は、現在の自分にどのようなプロジェクトマネジメントスキルや業務知識があるのか、円滑なやり取り・プレゼンを行なえる能力があるかを見られるでしょう。どの程度の水準で求められるかは年齢によって変わってきますので、当然のことながら年齢が上がればより高い水準の知識とスキルが必要になります。かといって若過ぎると経験と能力が足りないと見なされる可能性があるため、現在の自分にどの程度の知識・スキルが備わっているのかはよく理解しておく必要があります。

 

 

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントになるには-3

 

コンサルタント業界はキャリアアップに繋がりやすく、年収情報を見ても他の業界に比べると高く設定されているため、転職を考えるという人も少ないようです。コンサルタント業界の中でも特に注目を集めているのがITコンサルタントですが、ITコンサルタントはITやコンサルタント業界の知識・経験がゼロから始められるような職種ではありません。

 

しかし、ITコンサルタントは幅広く専門的な知識を求められるわりに、実は必要な資格というものは特にありません。もちろん持っていれば有利な資格はいくらでもありますし、クライアントや企業の依頼次第ではより専門的な知識を求められるため、資格が役立つ場も多いでしょう。そういう意味では、「ITコンサルタントになるために必要な資格はないが、必要になる資格は出てくる」ということになります。

 

では、ITコンサルタントになりたい、求人転職をしたいと考えている場合は、一体どのような過程を経ていけば良いのか、またどのような知識やスキルが求められるのかについてご紹介します。

(1)情報を読み取り解析する能力

ITコンサルタントの主な業務は、問題の提示や課題解決です。問題を見付けて分析や解析を行ない、解決策を導き出すには、当然その企業やクライアントが抱える膨大な量のデータに目を通さなければなりません。ITコンサルタントには、膨大なデータの中から素早く問題点や課題を見付け、どのように解決するのかを論理的思考で考える能力が求められます。

(2)高いコミュニケーション能力

当然のことですが、ITコンサルタントはデータや資料と向き合っているだけの仕事ではありません。その仕事内容の中には、クライアントがどのような要望を持っているのか、何らかの問題を抱えていないかなどのヒアリング能力や、自身の考えや経営戦略を論理的に説明する力が必要になります。ITコンサルタントには、コミュニケーション能力も求められるのです。

(3)専門的な知識

ITコンサルは、特定の一面だけを見ていれば良いという職種ではありません。開発プロセスはもちろん、あらゆる行程を理解することで、より効率的な戦略を策定することができるようになるため、専門的な知識が必要になります。

(4)持っていると有利な資格

ITコンサルタントに必要な資格はありませんが、転職や年収で有利な資格を幾つかご紹介します。

おすすめはITコーディネーターです。受験条件も設けられていないので敷居が低い一方、ITコーディネーターの資格の中でも専門スキル特別認定試験は、規定の資格を1つ以上有していることが受験条件となるので、誰でも申し込めるわけではありません。この他では、中小企業診断士プロジェクトマネージャー資格PMPなどがおすすめです。

 

 

コンサルティング業界で働くなら

コンサルティング業界で働くなら_4

 

やり甲斐があり、年収も高いコンサルティング業界で働きたいと考えているならば、登録者一人一人にエージェントがつく求人転職サイトがおすすめです。

一般的な求人転職サイトでもITコンサルタントの採用情報がまるでないわけではありませんが、数はそれほど多くありません。またさまざまな情報に埋もれてしまい、見落とす可能性もあります。

その点ITコンサルティング業界専門の求人転職サイトならば、年収や待遇が良いITコンサルタントの採用情報・求人情報が数多く掲載されているので、効率的に転職活動を行なえます。

(1)専属エージェントがつく

求人転職サイトの中には専属のエージェントがつくところが多いです。エージェントは、年収や勤務地など希望に沿った採用情報を見付けてきてくれるため、現在働いていてなかなか転職活動に時間がとれないという人の心強い味方となってくれるでしょう。

年収をはじめとする条件面を比較してより効率的に採用情報を探したい人は、コンサルティング業界専門で、かつエージェントがつく求人サイトを利用しましょう。

☆プロフェッショナル人材へのプロジェクト案件紹介サービス:https://freeconsultant.jp/project

(2)年収情報の比較がしやすい

さまざまな職種が混在している求人転職サイトでは、コンサルティング業界の求人がそれほど多くないということもあり、年収情報や待遇などの採用情報、ポストの比較がしにくいというデメリットがあります。しかし、コンサルティング業界専門の求人転職サイトであれば、採用情報の年収やポストの比較が容易で、条件も絞りやすいです。その業界や職種に特化しているからこそ、年収以外の検索項目も細かいのです。

(3)サポート体制が整っている

求人サイトの中には、採用情報を紹介しておしまいというところも少なくありません。そのため、コンサルティング業界に特化した求人転職サイトを探す場合は、サポート体制がしっかりしているところを選ぶと良いでしょう。

【(2)専属エージェントがつく】で触れた専属エージェントの有無はもちろんですが、サイトによってはコンサルタント同士であったり、コンサルティング業界の関係者やクライアントなど、さまざまなポストの人との交流会なども開催しています。

また、この他にも女性のキャリアアップに関する講座や、法人を設立する際のアドバイス、税理士の紹介、経理事務代行など、有料無料を問わず多様なサポートが用意されているサイトもあります。

どのようなサポートを行なっているかは求人サイトによって違いますので、自分に合ったサイトを探すことをおすすめします。

☆フリーコンサルタント.jpのサポートメニュー:https://freeconsultant.jp/support

(4)ノウハウを持っているか

コンサルティング業界への転職や就職を考えて求人転職サイトに登録する場合は、採用情報の多さも重要ですが、ノウハウがあるかも重要です。求人サイトにノウハウがあればエージェントの質も向上しますし、転職活動を行なう上で適切なアドバイスももらえるでしょう。

求人サイトの中には、採用情報だけでなく現役ITコンサルタントや業界の関係者のコラムが掲載されている場合もあります。転職する上で役立つ情報もあるので、目を通しておくと今後の糧になるでしょう。

☆フリーランスの現役コンサルタントインタビュー:https://freeconsultant.jp/workstyle

 

 

 

コンサルティング業界で働くのは、非常に難しいことです。ITコンサルタントを名乗り、そのポストにつくためには特別な資格がいるわけではないものの、課題や問題を見付け、解決するためには、各クライアントや企業の性質や行程を理解していなければできません。また、仕事に応じて新たな知識が必要になることもあり、向上心がなければ務まらない仕事と言えるでしょう。

年収が良いITコンサルタントのポストにつきたい、コンサルティング業界に転職したいと考えている方は、まずはコンサルティング業界専門の求人転職サイトに登録することをおすすめします。一般的な求人転職サイトだと膨大なその他の職種と混ざってしまい探すのが難しいため、コンサルティング業界の採用情報だけを集めているので希望に沿った条件や年収の案件を見付けやすく、専属のエージェントがつくサイトであれば効率的に転職活動を行えるでしょう。

 

(株式会社みらいワークス Freeconsultant.jp編集部)

 

 

「初めての方へ」頁遷移バナー

 

 

◇こちらの記事もオススメです◇

ITコンサルタントの転職事情とは?気になる転職先と将来性」

のくらい進んでいる? 企業のクラウド利用」

「AI時代に生き残るための“教育”とは?

 ———————————————————–

◆スタッフからメッセージ◆

MW10964:◆みらいワークス元請案件◆注目の講師スポット案件!医療・化学分野テーマ知見者の方ご応募を!

MW10963:◆みらいワークス元請案件◆大型開発プロジェクト統括経験コンサルを募集!ぜひご応募を!

MW10959:◆代表オススメ案件◆高い英語力を活かしプロジェクトを支援できるコンサルを募集!

 

※既にご紹介が終了している案件もございます。予めご了承ください。

☆他にも注目案件を掲載中!詳しくは下記をクリック☆

 

募集中のコンサルタント案件ページはコチラ


関連記事

募集中の案件


募集中のコンサル案件ページはコチラ
最新の記事一覧
システム開発におけるPMの役割と必要なスキルとは何か
M&Aコンサルタントの年収が高い理由と就職を成功させるための術
ITコンサルが転職時に評価される資格とは
RPAソリューションと取り巻く環境。コンサルタントに求められることとは
RPA開発にコンサルタントが必要とされる真の理由とは?
カテゴリ別一覧
独立・起業のノウハウ・ドウハウ
お金のこと
ビジネススキル
最新IT情報
時代の先取り
健康のこと
月別過去記事一覧
2019年5月
2019年4月
2019年3月
2019年2月
2019年1月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
 

お電話でのお問い合わせはこちら。 03-6408-5862 受付時間:10:00~19:00 土日祝定休 お電話でのお問い合わせはこちら。 03-6408-5862 受付時間:10:00~19:00 土日祝定休

はコチラ
最近見た案件

最近見た案件はコチラ

最近見た案件

案件一覧へ