コンテンツメニュー



仕事のできるビジネスパーソンは、ランニングで体と脳を鍛えてる?

初めての方へページはコチラ募集中のコンサル案件ページはコチラ

ランニングしているビジネスパーソンは年収が高いって本当?

ランニングしているビジネスパーソンは年収が高いって本当?-1

 

日本のランニング人口は、今では約900万人もいると言われています。全国各地でさまざまなマラソン大会が開催され、2018年2月に開催された東京マラソンには約30万人の申込者がありました。フリーコンサルタントの方の中にも、ランニングやマラソンを定期的にしている方も多いかもしれません。ビジネスパーソンがランニングをする理由といえば、運動不足の解消やダイエットなど、健康のためというのが一般的ではないでしょうか。しかしランニングには健康だけではなく、仕事にもよい影響を及ぼすということ今注目を集めています。

 

実際、「年収の高いビジネスパーソンはランニングなどの運動を継続している」という調査結果もあります。カナダのトロント大学教授リチャード・フロリダ氏によると、年収750万円以上の人たちが体を動かす頻度は、低所得と比べて2倍という調査結果が出ています。日本においてもランニング専門誌「ランナーズ」が行なった調査によると、東京の皇居を走る男性ランナーの半数以上が年収700万円以上というデータも。皇居周辺に大手企業のオフィスが多いということもひとつの要因かもしれませんが、ランニングを続ける人の中にはビジネススキルが高い人が多いとも考えられます。

 

経営者などエグゼクティブにも人気が高いといわれているランニングやマラソン。なぜビジネスパーソンに人気が高く、仕事に良い影響があるのでしょうか?代表的な3つのポイントをご紹介します。

 

 

ランニングで目標管理や時間管理などのビジネススキルも向上

ランニングで目標管理や時間管理などのビジネススキルも向上-2

 

ランニングが他のさまざまなスポーツと違う点が、タイムを測定できる点。つまり数値化でき、具体的な目標を立てやすいという点が大きなポイントです。また、現在では東京マラソンをはじめ、全国でさまざまな規模のマラソン大会が行なわれています。一般の人が参加できる大会も多く、参加や完走を目標にしている方も多いのではないでしょうか。ランニングやマラソンにおいて、自分で具体的な数値目標やトレーニング計画を立てて実践するプロセスは、まさにPDCAをまわすビジネスと同様だと考えられます。

 

また、ランニングでは時間管理スキルが向上するという一面もあります。ちょっとした空き時間にもトレーニングできるのが、ランニングの魅力。忙しいビジネスパーソンであっても早朝や昼休みなどの時間を有効活用してランニングに励む人も多いですよね。「忙しくてなかなか運動できない」というように忙しさを言い訳にせず、1日の時間を有効活用できる時間管理スキルの向上につながります。ビジネスパーソンにとって、目標管理や時間管理スキルは重要なマネジメント能力。スポーツを通じてこうしたスキルアップにつながるというのも、ランニングがビジネスパーソンに人気が高く、仕事によい影響がある理由だと言えます。

 

 

ランニングで記憶力アップ?脳を活性化する効果も

ランニングで記憶力アップ?脳を活性化する効果も-3

 

健康維持や体力アップのためにランニングを続ける方も多いかもしれません。でも実はランニングには、体だけではなく脳の活性化にもつながるということが最近の研究でわかっています。例えばアメリカのピッツバーグ大学研究チームでは、有酸素運動の継続によって、記憶力が改善するという論文を発表しました。この論文ではランニングやウォーキングなどの有酸素運動を定期的に続けた結果、脳にある「海馬」という記憶を作り出すエリアの大きさが約2%大きくなったそうです。またランニングなどのリズム運動は、メンタルヘルスにも良い影響があるという研究結果もあります。アメリカのプリンストン大学の研究によれば、マウスによる実験において運動がストレスへの反応を穏やかにすることがわかったそうです。

 

特に有酸素運動の中でも、ランニングはビジネスパーソンでも続けやすいというメリットがあります。例えば仕事の都合で地方への出張が多いときでも、シューズさえあれば出張先でもランニングを続けることができます(地方の景色を楽しめるというメリットも!)。ランニングは特別な器具も不要で、いつでもどこでもできるためビジネスパーソンでも自分のペースで続けやすいと言えるのではないでしょうか。

 

 

ランニングやマラソンには、ビジネスパーソンの人脈が広がるメリットもある

ランニングやマラソンには、ビジネスパーソンの人脈が広がるメリットもある-4

 

ひとりでもトレーニングできるランニングですが、最近では仲間と一緒にランニングを楽しむ活動が広まっています。年代や性別、職業が異なるメンバーと一緒にランニングを練習することで、普段のビジネスとは違った人脈づくりにつながります。現在ではさまざまな目的・規模のランニングサークルが立ち上がっています。

 

さらにランニングスキルが学べるスクールもあります。大手フィットネスクラブでは会員向けにランニングサークルを立ち上げているところも。例えばティップネスでは「ティップネス ランクラブ」という活動を一部店舗で行なっており、仕事の終わった平日夜などの時間帯に、仲間と一緒にトレーニングができるようになっています。仲間がいることで、目標管理や時間管理のモチベーションもきっと上がることでしょう。また、ランニングサークルやスクールの活動後に食事やお酒を楽しむ機会も多く、交流が広がりやすいというのもメリットです。

 

 

 

 

年収の高いコンサルタント人材やエグゼクティブなどのビジネスパーソンにも人気が高いランニングやマラソン。従来は健康維持やダイエットへの効果がメインでしたが、仕事への良い影響がある点にも注目が集まっています。まずは目標管理や時間管理など、ビジネスパーソンに必要なビジネススキル向上につながるという点。数値目標を立てやすいランニングなら、モチベーションも維持しやすいというメリットもあります。またランニングが記憶力など脳の活性化につながるほか、メンタルヘルスにおいても良い影響がある点も大きなポイント。

最近ではひとりでトレーニングするだけではなく、ランニングサークルやスクールを通じてランニング仲間とトレーニングする方も増えています。ビジネスとは違うところで多くの人と交流できる機会になり、ビジネスパーソンにとってはあらたな人脈づくりにつながるメリットもあります。年代や性別を問わず楽しめるランニングやマラソン。普段デスクワークが多いビジネスパーソンにとっては気軽に運動できるという点も魅力ですが、ビジネスにもさまざまな良い影響があります。まずは自宅やオフィスの近くから走ってみるところから始めてみてはいかがでしょうか?

 

(株式会社みらいワークス Freeconsultant.jp編集部)

 

「初めての方へ」頁遷移バナー

 

◇こちらの記事もオススメです◇

企業研修にも採用!ストレス発散になる笑いヨガ(ラフターヨガ)」

 ———————————————————–

◆スタッフからメッセージ◆

MW10156:◆代表オススメ案件◆
中期経営計画などに造詣の深いコンサル人材を募集!プロジェクトをご支援下さい。

※既にご紹介が終了している案件もございます。予めご了承ください。

☆他にも注目案件を掲載中!詳しくは下記をクリック☆

 

募集中のコンサルタント案件ページはコチラ


募集中の案件


募集中のコンサル案件ページはコチラ
最新の記事一覧
経営コンサルタントや戦略コンサルタントは転職しやすい?新たなキャリアパスとは
フリーランスだからこそ身につけたい集中力アップの方法
英語も上達?海外とつながるオープンコミュニティ「Meetup」活用法
独立を目指す経営・戦略コンサルタントが今すぐブログを始めるべき理由
自分の健康を守るのは自分の習慣! まずは“自測自健”から始めよう
カテゴリ別一覧
独立・起業のノウハウ・ドウハウ
お金のこと
ビジネススキル
最新IT情報
時代の先取り
健康のこと
月別過去記事一覧
2018年11月
2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
 

お電話でのお問い合わせはこちら。 03-6408-5862 受付時間:10:00~19:00 土日祝定休 お電話でのお問い合わせはこちら。 03-6408-5862 受付時間:10:00~19:00 土日祝定休

はコチラ
最近見た案件

最近見た案件はコチラ

最近見た案件

案件一覧へ