コンテンツメニュー



テレビCMでも話題に 花盛りのレシピ動画サービスでお手軽自炊

初めての方へページはコチラ 募集中の案件ページはコチラ

レシピ動画サービスが活況

花盛りのレシピ動画サービスでお手軽自炊_1

インターネットで多く提供されているレシピ情報。テレビの料理番組が公式サイトで提供するレシピ、食品メーカーが提供する食材の活用レシピ、「cookpad(クックパッド)」のようなレシピサイトに投稿される一般の方のレシピ……実に多くのレシピがネット上にあふれています。

そこへきて、活況を呈しているのがレシピ動画サービスです。スマートフォンの普及などで動画の視聴が日常的になり、レシピも「ネットで調べて印刷する」という使い方から「スマートフォンで動画を見ながら調理する」といった使い方が容易になってきています。動画であれば手順やちょっとした動作などを実際に見ることができ、理解もしやすいというメリットもあります。

「Think with Google」によれば、Googleの検索データでも「レシピ 動画」というワードの検索数は徐々に増加しており、特に2016年5月以降は大きく伸びているとされています。こうしたデータからも、レシピ動画のニーズが増えているということがうかがえます。

また、能動的に探すだけでなく、SNSを見ていてレシピ動画が表示されたり、テレビCMでレシピ動画が流れていたりすることで、受動的に見かけることも増えました。ちょっと見かけて「これなら作れそうだな」「これは作ってみたい」と思ったことがある方も多いのではないでしょうか。

普段会社で忙しく働く方、エンジニアとして机に向かいっぱなしの方、独立して仕事を軌道に乗せるのに必死なフリーランスの方などは、自炊まで手が回らず食事がおろそかになることも少なくありません。しかし、健康第一です。こうしたレシピ動画サービスを活用することで、「これなら作れそう」を探しやすくなります。

日本最大級の「kurashiru(クラシル)」

花盛りのレシピ動画サービスでお手軽自炊_2

今、日本にあるレシピ動画サービスで利用者数最大級を誇るのが、delyが運営する「kurashiru(クラシル)」です。この名前はご存じでなくても、木村文乃さんがクラシルでレシピを検索して料理するというテレビCMはご存じの方も多いでしょう。

クラシルの特徴の一つは、まさにあのCMのようにテンポよく進む1分程度の動画です。短時間でありながら解説付きで、管理栄養士や調理師、料理教室の先生といった料理のエキスパートが「クラシル専属の料理人」として考案するレシピは本格的です。それでいて料理の初心者にもわかりやすく、「世界で1番、料理がわかりやすい」というテーマ設定は伊達ではないと感じさせられます。また、冷蔵庫の残りものなどで作れる料理や節約料理などのレシピがあるのもありがたいところ。

そして、クラシルはスマートフォンアプリがあります。アプリでは、好きなレシピをお気に入りに登録しておけばいつでも見られるといった利便性に加えて、クラシルからのおすすめレシピが更新されたり、レシピ投稿や質問をコメントできる機能などが充実しています。

2017年3月、クラシルを運営するdelyは、第三者割当増資を実施して約30億円を調達すると発表しました。加えて、新世代デジタル・サイネージ「Tokyo Prime」を提供するIRISと共同で、クラシルおすすめのレシピ動画を都心タクシー車内に配信開始するなど、その活用も精力的。今後の展開が楽しみなサービスです。

SNSでファンをつくる「DELISH KITCHEN(デリッシュキッチン)」

花盛りのレシピ動画サービスでお手軽自炊_3

クラシルと同じようにテレビCMが目立つのが、エブリーの運営する「DELISH KITCHEN(デリッシュキッチン)」です。「作りたい!が見つかる」を掲げるデリッシュキッチンも、誰でも簡単においしく作れるレシピ動画を提供しています。

機能としては、クラシルとよく似ています。わかりやすい解説の付いたレシピ動画で、どれも短時間。アプリも提供され、毎日新しいおすすめレシピが更新されるのも同じです。こちらもやはり、管理栄養士や料理研究家などの食のエキスパートが支え、オリジナルレシピを提供しています。

デリッシュキッチンの大きな特徴としては、SNSの取り組みが意欲的なことが挙げられるでしょう。わざわざ検索しないユーザーへのリーチを考えて、以前からFacebookやInstagramへの動画配信にも力を注いでいます。各プラットフォームに適したかたちで動画を配信するのはもちろんのこと、ユーザーのコメントに答えたり、ハッシュタグを用意してユーザーの投稿アクションをうながすなど、さまざまな仕組みを作っているのです。

その甲斐あって、Facebookページは100万以上のいいね!を獲得し、Instagramについても90万余のフォロワーを有しています。アプリ・サービス運営にとどまらず、各プラットフォームでファンを増やしている姿は、ビジネスとしても参考になります。

“バズ”る動画「Tasty Japan(テイスティジャパン)」

花盛りのレシピ動画サービスでお手軽自炊_4

日本発ではありませんが、オンラインメディアのBuzzFeed Japan(バズフィードジャパン)が展開する「Tasty Japan(テイスティジャパン)」もレシピ動画を提供しています。テイスティジャパンの特徴は、なんといっても各種プラットフォームでの動画の配信にあります。この点はデリッシュキッチンも同じですが、運営するのがバズフィードとなれば、“バズ”はお手のもの。

テイスティジャパンは、Facebook、Instagram、Twitter、YouTubeと各種プラットフォームで動画を展開し、ニュースアプリ「SmartNews(スマートニュース)」でも「Tasty Japan」チャンネルを開設しています。4月には、テイスティジャパンのソーシャル・プラットフォームにおける公式アカウントのフォロワー数が500万人を超えたことを発表。さらに、LINE公式アカウントの開設も発表しました。

テイスティジャパンのレシピ動画は、料理の過程を早送りにして動画を短くしています。早送りにするとわかりづらくなるのではないかと思われるかもしれませんが、アングルやスピードを工夫し、何度もテストを重ねることでわかりやすさを担保しています。「見て幸せ、作って楽しい」をコンセプトにしたオリジナルレシピと、バズフィードが培う“製作+バズ”力で、こちらも人気のレシピ動画サービスです。

 

 

レシピ動画は、過程のわかりやすさだけでなく「おいしそう」「楽しそう」を伝えやすいという特徴があります。クラシルなどのテレビCMを見て、「あの動画の料理を作ってみたい」と感じたという方の話も多く聞かれます。いまやクックパッドも動画提供を始めていますし、食品メーカーなどでも動画を展開しているケースも増えています。

こうした動画サービス隆盛の動きは、ビジネスとしては非常に重要な転換点でしょう。先に挙げたGoogleのデータでは、「新たな動画トレンド – 日本のレシピ動画の今」としてさまざまなデータを公開しています。こうしたトレンドをおさえておくのは、どのような仕事をするにあたっても必要なアンテナといえます。

そして、一人の生活者としても、身構えずに「自炊」と向き合いやすくなったといえます。栄養バランスのとれた食事をとるための手段は自炊には限りませんが、自分で作った料理をおいしく食べる時間というのは気分転換にもなりますし、自己肯定感やテンションを上げることにもつながります。

 

(株式会社みらいワークス Freeconsultant.jp編集部)

「初めての方へ」頁遷移バナー

◇こちらの記事もオススメです◇

季節の変わり目や毎日の残業にも負けない食事の“ワンポイントリリーフ”」

 ———————————————————–

◆スタッフからメッセージ◆

MWS8047:◆代表オススメ案件◆滋賀県でのプロジェクトです。先を見通し業務を推進できる方!ぜひご応募を!

※既にご紹介が終了している案件もございます。予めご了承ください。

☆他にも注目案件を掲載中!詳しくは下記をクリック☆



フリーコンサルタントの活動を検討している方はコチラ フリーコンサルタントの活動を検討している方はコチラ

募集中の案件


最新の記事一覧
導入事例が急増!コンサルティング業界も注目するRPAのメリット・デメリット
人材やスキルをシェアして起業できる?シェアリングエコノミーとは
将来コンサルタントになるために、今できること
2018年1月からスタート! 新制度「つみたてNISA」とは
無料グループウェアのサイボウズLiveが終了発表!クラウドサービスの今後は?
カテゴリ別一覧
独立・起業のノウハウ・ドウハウ
お金のこと
ビジネススキル
最新IT情報
時代の先取り
健康のこと
月別過去記事一覧
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
 

お電話でのお問い合わせはこちら。 03-6408-5862 受付時間:10:00~19:00 土日祝定休 お電話でのお問い合わせはこちら。 03-6408-5862 受付時間:10:00~19:00 土日祝定休